アメリカ古着買い付け中の食事。チップや現地の常識を教えてFAQ&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

QUESTION

アメリカ買い付け中に気になるのが「チップ」です。必要な場合と不必要な場合、いくらぐらいをどのように渡すのか教えてください。

ANSWER

お教えします♪

「チップ」は日本人には馴染みの薄い習慣なので戸惑う方も多いと思います。観光旅行で行くかたなら様々な場面でチップを払うことになりますが、古着のバイヤーならそんなに支払う場面はありません。

ちなみに「チップ」は「tip」と綴り「ティップ」と発音します。

ざっくり言うと、

・シャトルバスのドライバー

・モーテルのベッドメーキング

・レストラン

ぐらいじゃないでしょうか。ファストフード店やスーパーなどでしか食材を買わない人は3番目は必要ありません。

下に張ったリンクの記事で詳しく説明しているので、これを読んでアメリカのチップをマスターしてください♪

しかも動画付きですよ♪

海外の常識!アメリカの食事。チップや常識などについてお話します♪

※今回はパスワード無しで全文読めますよ~!

 

ご質問、無料メルマガ登録は下記よりお願いします♪


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

SNSでもご購読できます。