革製品の関税って?輸入に際しての注意点は?タイ、バンコクから輸入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

Question

タイに古着を買い付けに行った時に革製品も買いたいんですが、関税は高いんでしょうか?

Answer

例えば革のハンドバッグでは関税は10%です。しかしある方法で関税を0%にすることができます。

※タイからの革製品輸入で人気なモノにクロコダイル革がありますが、ワニ革に関しては別の免税方法があるので別の機会にご紹介します。

詳しくは「日本関税の革製品」のページを参照してください。

でも見ていただいたら分かると思いますが、パッと見で簡単に理解できる様には簡単には書いてくれていません。少し悪意を感じる程です。笑

ここではもうすこしざっくりと、分かりやすく説明していきます。

皮革のハンドバッグを例にお話しますと、基本10% 、 協定8% 、 特特無税になっており、基本的には10%の関税掛かります。

しかし、タイではEPA協定(日本とタイの間での「経済連携協定」)があるので、JTEPAという書類を提出することで関税が免除されます。

日本商工会議所さんのページが分かりやすく説明しているので載せておきますね。

日本商工会議所さんのページ

※全てにおいてJTEPAが作成できるとは限りません

でも高額の皮革を50万円分仕入れるとすると関税だけで5万円になってしまいます。JTEPAの取得費を考えても取得しておいた方が断然お得です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。