タイ、バンコク古着買い付け!タクシーやBTS、MRTの使い方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

  ★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座のアジア買い付け編です!  

アメリカなどでの買い付けとは違い、タイでは「徒歩」「公共交通機関」での買い付けとなります。

しかし、世界第二位とも言われるタイの交通渋滞は本当に想像を絶する激しさです。

なので、重い荷物を持っていない限り、目的地の近くの駅までBTS(スカイトレイン)やMRT(メトロ)で向かい、そこからタクシーなどで行く方法がベストだと思います。でも夜はだいぶマシになります。

BTS

BTS「Bangkok Mass Transit System」の略で「スカイトレイン」とか「BTS」と呼ばれています。バンコク市内の空を走る「高架鉄道」です。高架上を走るので渋滞知らずで短時間でバンコク市内の行きたいスポットに行くことができます。

利用の仕方は簡単です。まず駅に行き、「チケットオフィス」(有人)か自動発券機で磁気の付いたカードを買います。目的地までの料金を払うか、一日乗り放題の「ワンデイパス」を買うこともできます。

とてもきれいで清潔な鉄道です。

MRT

MRT「Mass Rapid Tansit」の略でバンコク唯一の地下鉄です。地下を走るのでもちろん渋滞はありません。まだ路線が短いのでBTSと乗り継いで使うことになります。

利用の仕方は簡単なのですが、チケットが3種類あります。

シングル・ジャーニートーク

ICチップの入ったコイン型のトークンです。1回利用の場合に使用します。入場時に改札にかざして、目的の駅で改札に回収されます。

ストアード・バリユー・カード

ICチップの入った「プリペイド」式チケットです。使用するたびに残高から運賃が引かれるシステムです。

デイ・パス

買った日数の分だけ乗り放題です。

ワンディ・パス(OneDayPass) 発行から1日有効

スリーデイ・パス(3・DayPass) 発行から3日有効

サーティデイ・パス(30-DayPass) 発行から30日有効

上記のBTSとMRTは普段電車を使う人なら問題なく使用できると思います。分からなければ窓口もあるし、発券機も「ENGLISH」表示にすれば目的地は読めると思います。

問題なのは、下記のアナログな乗り物です笑。

バンコクのタクシー

買い付け目的でバンコクにいると、荷物も増えるし、何かとお世話になるのはタクシーです。タイといえば有名な「トゥクトゥク」を想像するかもしれませんが、「トゥクトゥク」はもはや普通の交通機関というよりは観光客目当てのぼったくりしかいません。

自転車やバイクのタクシーもありますが、バンコク初心者にお勧めはしません。

なので、基本的にタクシーを使うことになりますが、なんせぼったくりが多いので、ぼったくりに合わない、もしくは合いにくい方法をお教えします。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

今まで何度もボラれましたが、後から計算するとそんなに大した額ではないことが多いです。なぜなら事前に値段交渉して乗るからです。

ナメられたら、降りる際に値段交渉の額より高い額を支払えと言ってきますが「NO!」の一点張りでお金渡して降りましょう。

以上のことを知っておくとタクシーでボラれることは少なくなると思います。

※ なんだか怖いことばっかり書きましたが、基本的にタイの人は穏やかで優しくていい人が多いです。タクシーも観光地や都心を離れるとちゃんとした良心を持った素朴なドライバーが多いです。

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。