FAQ古着屋開業&買い付けノウハウQ&A「在庫の保管はどうするの?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

Question 古着屋の大量の商品や在庫はどのように保管、管理しているのですか?

Answer

古着屋にとって頭を抱えることの一つが「在庫をどうするか?」ということです。

新品の衣料と違って在庫がなくなればメーカーに注文する、なんてことはできません。商品全てを買い付けでまかないます。ということは、買い付けから帰ってきた時の在庫はマックスで、一番スペースに余裕のない状態から始めなければなりません。

ボクの場合は、家の使ってない部屋にぎゅーぎゅーにハンガーラック車輪が付いていて移動可能)を入れてカテゴリー別に保管していました。カビや虫などから守る為に除湿剤と防虫剤を使っていました。

在庫が多くなると、どうしても保管場所が必要になってきますよね。店舗があれば、店頭にかなりの量を出せるので、少しは楽なんですが、ネット販売となると全てが在庫ということになります。家賃を払って倉庫を借りている知人もいますが、それは売上がある程度出せるようになってからの方法で、最初はできるだけお金のかからない保管方法を見つける必要があります。ボクの知人の中には車の中が在庫だらけという人もいますよ笑。

どうしても無料の保管場所がない場合は、どこかの事務所の2階とか3階とかを探すとすごく安い金額で借りられることがあります。

ボクも1年ほどの間、2万円ほどの家賃のオフィスを借りて、倉庫兼ネット販売のスタジオ拠点として使っていたことがあります。在庫管理と撮影、販売、発送、顧客管理を全てそこで行っていました。

2階でエレベーターもない物件だったので、商品を持って上がるのが大変でしたが、ストックルーム(商品倉庫)としても使っていたのでとても便利でした。エアコンを付けてなかったので、夏場は扇風機でしのぎました、、、。笑

都会でも探せばへんぴな場所に激安のオフィスなんかがあると思います。そこを探すか、知り合いとシェアして家賃を折半するなどして安く上げる方法を考えましょう!

都会だとなかなか安い物件を見つけるのは大変だと思うので、1部屋多い物件に引っ越してそこに在庫を入れるのもアリかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。