現地に行かなくても古着を送ってもらえるの?古着屋開業海外買い付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

Question

海外まで行かなくても海外ディーラーが古着を送ってくれたりしますか?

Answer

実を言うと「喜んで」送ってくれます。しかし、全くオススメはしません。よっぽど現地のディーラーと仲良くなって信頼が置ける関係にならない限り、売れ残りでコンディションの悪いのを押しつけられます。

ほとんどが売り物にならないゴミ同然のものなので、売れる物だけ考えてもかなり割高な原価になります。ディーラーにとってはゴミ同然のものをノーリスクノーリターンで売れるおいしいビジネスです。

友人のお店では、激安の値段だったので12メートルのコンテナにパンパンに詰まった古着をアメリカから送って貰ったんですが、ほとんどがゴミのようなクオリティーの古着だったので、3分の1しか売れなかったと言っていました。残り物の処理がかなり大変だったそうです、、、。

ブランド指定で送って貰うという注文も受けてくれると思いますが、多分サイズや色が規格外で日本で売りにくいものが多いでしょう。料金は先払いで返品もきかないので、かなりもったいない買い物になってしまいます。

ディーラーは基本的に現地に買いに来る顔見知りで、大量のお金を使ってくれるバイヤーを一番大事にします。その次に現地に買いに来る一般のバイヤーです。海外から注文してくるお客に良い物を安く売ってくれるはずはありません。

「ベールを未開封で送る」ということを書いているディーラーもありますが、大体が開封してビンテージなど高値で売れるモノを抜いたあとに自社でベールし直して送ってくると思った方がいいです。

古着の世界には「楽に、安く、いいものを仕入れる」という方程式は存在しません。

絶対に自分で買い付けに行ったほうが良い物も取れるし、安いですよ。

 

買い付けのノウハウは赤ぎ塾がお教えします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。