アメリカ古着買い付けで最も気になる「治安」を見分ける方法!FAQ&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

QUESTION

アメリカに古着を買い付けに行きたいのですが、治安が気になります。治安の悪い場所を見分ける方法はありますか?

Ryan McGuireによるPixabayからの画像

ANSWER

あります!

アメリカにはたくさんの人種が住んでいます。人種によっては差別を受けることによりいい職業に就けないことも少なくありません。お金をあまり稼ぐことができない人たちは、生活費が安い地域に集まるようになります。その場合、特に同じ人種で集まることが多いのですが、貧困から逃れる為に犯罪に手を染める人が多くなってくるのも事実です。

それが治安の悪くなる地域ができる原因です。特にその地域の人間には見えない人物が入り込んでいるとターゲットになる可能性が高くなります。最悪の場合、に係わることもあります。

それを避けるためには、治安の良し悪しをかぎ分ける「嗅覚」を鍛える必要があります。いきなり「嗅覚」を鍛えるといっても、時間をかけて経験を積んでいくことが必要になります。しかし、治安を推し量るのにヒントとなるポイントを押さえることで、初めてアメリカに買い付けに出かける方にもある程度治安を見抜くことができるようになります。

治安を見分ける方法など詳しくは↓のブログをチェックしてみてくださいね♪

海外初心者でも見分けられる!アメリカ、治安の悪い所、良い所!

文章途中のパスワードロックがあります。無料レクチャーに申し込むとパスワードが貰えます。

ご質問、無料メルマガ登録は下記よりお願いします♪


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。