古着屋店舗運営編。お客さんから返品を求められたらどうするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古着屋を運営していると、たまに「返品」を要求されることがあります。ひとそれぞれ考え方はちがうとおもいますが、赤ぎ塾の店舗ではどうしていたか、ということを切り口に「返品」について考察してみました!

~本文へ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

古着屋を運営していると様々なことが起こります。「返品」もその一つではないでしょうか?

リサイクルショップなどは、返品不可なところが多いですよね。でも赤ぎ塾が推奨する「輸入古着のセレクトショップ」はどうでしょうか?

※ 昔は「古着屋」というと海外から「輸入してくる古着のセレクトショップ」を意味していたのですが、最近では買取りや転売などをメインにしているリサイクルショップを「古着屋」と呼ぶ傾向にあります。ちゃんと区別するために「輸入古着のセレクトショップ」と説明っぽく書いておきました笑。

ちょっと話はそれましたが、赤ぎ塾がメインで扱うタイプの古着屋さん(笑)は返品にたいしてどういう対応をしているのか今回は考えていきましょう。

大きく分けてパターンは2つあります。

1.返品一切禁止

2.最近購入したものについては返品可

です。

ボクの知り合いでは返品一切不可というお店が多かったですね。

ボクの店では、基本的に返品は不可という前提でしたが、買ったその日に返品や悪質でなければ1週間以内の返品には「今回だけですよ。」という感じで受けていました。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!メルマガ登録で、パスワードロックされている「死体の正体」笑)とその他のありえないアメリカのスリフトの現状を無料で見ることができます♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

考え方はいろいろだと思います。参考になれば、と思ってコンテンツにしてみました♪

P.S. さっき返品には全て応じたと書きましたが、1度だけ驚きの「返品」じゃなくて「交換」の要求だったんですが、「去年買ったポロシャツが痩せてブカくなったので、小さいサイズと交換してくれ。」と言われたことがありました笑。

丁寧に、丁寧に、お断りいたしました♪笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。