失敗で落ち込むなんてもったいない!失敗に打ち勝つ心を持つ方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座のマインドセット(心構え)編です!

今日は「失敗」失敗に打ち勝つ方法」についてお話します。

あなたは失敗にどんなイメージを持っていますか?

ほとんどの人が失敗は怖い、恥ずかしい、できればしたくない、と考えてると思います。なぜなら失敗をしてしまうと、何度も思い返して落ち込んでしまいまうからです。

確かに取り返しのつかない失敗というものもあります。残念ながら時間は帰ってきません。失ったものはもう二度と手には入らないのです。

そんな大きな失敗をしてしまったらどうしよう、人生真っ暗だ、、できるだけ平穏に生きていきたい。

できるなら失敗のない人生を歩みたい。もっと言うなら、成功した人生を送りたい。そう願う人が多いんじゃないでしょうか。

失敗とは

失敗とは大変恐ろしいもので、あなたは過去に犯してしまった失敗を何度も思い出しては深く落ち込んで、これから先また自分は失敗してしまうんじゃないかという不安で冷静ではいられなくなります

それどころか失敗によって自信さえも吸い取られてしまいます。失敗をすると、人は自分を責める傾向があります。

失敗してはいけなかったのにしてしまった自分を情けなく思い、自信を喪失してしまいます。

その結果「なんであんなことをしてしまったのだろう、、、。」と思い悩むようになります。

自信がなくなり、自分に責任を感じすぎると、たった一度の失敗にもかかわらず、何度も何度も頭の中で繰り返し悔やむようになるります。

これでは自分で心にダメージを与え続けているのと同じです。

その上、現代社会は周りの評価によってあなたの価値が決まる社会構造だと言われています。

中には自分で自分の価値を決められる人もいることはいますが、普通は失敗してしまった自分が周りからどのように見られているか、何を言われているか、

などを考えるとどんどん不安になってしまいます

でも実は実際に周りが評価していることに対しての不安ではなくて、自分で過剰に想像して不安になっているのに過ぎないんですけどね。

こんな精神状態を破壊しかねないような「失敗」とどのように付き合っていけばよいのでしょうか?

失敗を受け入れる

まず一番大事なのは失敗を受け入れることです。そう、受け入れるんです。

「失敗に負けない強い心を持ってください!」とは言いません。

自尊心で力ずくに解決するものではないのです

失敗した事実を受け入れると、あなたは他の人たち同様、当然失敗することのある人間であると認めます。

世の中に失敗しない人なんかいないので、同然のことなのですが、自分はミスを犯す人間である、と認めるのは意外に簡単ではありません。

「こんなはずじゃなかった。」

「ちょっと油断してただけだったのに、、、。」

「今日はちょっと体調がイマイチだったから。」

特にあなたが男性の場合、本能的なプライドが失敗を認める心を妨げます。

男性は古来より自分の強さや長所を誇示して、他の同性よりも優れた個体であると示し、それで異性の関心を集めようとする本能を持っています。

たとえばオタクや草食男子などと言われるような、強さとは無関係だと思われている人たちですら、自分の夢中になっているカテゴリーではプライドを持ち他よりも優れている自分を誇示したい本能を持っているものなのです。

しかし、そのプライドを一旦横に置いといてどんな理由であれ失敗した事実をまず認めましょう。

ここで重要なのは絶対に自分を卑下してはいけませんニュートラルな気持ちで、自分へのネガティブな偏見を限りなくなくした状態で、失敗した事実を冷静に見てみましょう。

失敗をするのはもちろんいいことではないのですが、当然誰にでも、大統領や大会社のCEOにも、もちろんイエス・キリストにもお釈迦様にも失敗はありました。

成功している人ほどたくさんの失敗をしてきたでしょう。

自分のミスを当然誰にでも起こりうることだと思えるようになると、失敗を自分の「経験」だと認識することができ、失敗があなたの人生にとってとても重要な出来事に変わってきます。

失敗は自分への問題定義

失敗すると、解決しなければならない問題を一つもらうことになります。その問題には必ず答えがあって、しかも答えは一つではありません。

問題を解くカギはあなたが「前向きに行動するかどうか」だけです。前向きに回答を求めると必ず解けます。あきらめると失敗した事実だけが残ります。すごくシンプルですね。

絶対成功する方法

昔友人からニヤニヤしながら「絶対に成功する方法があるんやけど、教えてほしい?」と言われました。

もちろん「教えて!」と即答しました。その答えが一見当たり前の様ですがすごく深かったので紹介します。

 

 

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

「成功するまでやり続ける!」

です。(笑)

聞いた瞬間はなぞなぞの答えの様な薄っぺらい答えの様に感じましたが、よくよく考えてみると「なるほどなぁ!」と思わず膝を叩きました。まぁ、実際は叩いてないですが、、、。(笑)

成功者と「そうじゃない人」、そうじゃない人、、、英語でいうとWinnerLoserだから、そうじゃない人は、「負け犬」?「落伍者」?ってことになるんでしょうか?

、、、でもすごいきつくて悪意ある嫌な言葉ですよね、、、ここでは非成功者かな、よし、ここでは「非成功者」でいきます。

成功者と非成功者の違いは、成功者が成功するまでやり続けた人で、非成功者は途中で止めちゃった人だというたったそれだけの理由なんです。

まったく当たり前の事なんですが、逆に考えると

「あなたもボクも成功するまでやりつづけたら、何と成功する!」

ってことなんです!

こんな素敵な事実が世の中にあったなんてそれを聞いたときはじめて知りましたよ。だって誰でも成功できるわけですから♪

成功への近道

成功するまで続ければ成功する、と知りました。

でも、3年で成功する人と10年かかるひと、中には50年かかる人がいます。

この違いは何なのでしょうか?

この違いを考えていくことで成功への近道が分かってくると思います。

成功するために必要なことって何?

いきなり答えを言うなら「失敗」です♪こんな言葉があります。

「良くするためには、成長しかない。

 成長するには失敗するしかない。

 失敗するためには挑戦するしかない。」

ボクがこれからお話しようと思っていることを、すべて賄ってしまっています。的を得すぎて隙が全くない!全くその通りです。

物事を現状より良くしたり、望んでいる未来をゲットするためには、今の自分より成長しないと叶いません。

あなたを「成長」させてくれる唯一の事柄は「失敗」です。

そして、成長させてくれる失敗をするには「挑戦」し続けることです。そうすれば物事は現状より良くなり、夢も叶いますよと言っておられます。

というように、失敗を恐れずどんどんチャレンジしていくことが成長につながります

とはいえ、失敗はやはり言っても失敗でありますから少なからずあなたの心にダメージを与えてきます。

実際は失敗があなたにダメージを与えるんじゃなくて、あなたの思考があなた自身を責めてダメージを与えるんですが、あなたの頭は失敗のせいにしたがります。

なので、失敗からリカバリーし、経験に変える方法をお教えしましょう。

失敗からのリカバリー方法

1.失敗を経験に!受け入れて気持ちを切り替る

失敗から心のダメージをリカバーさせるには、上で話したように、失敗をニュートラルな心で客観的にそのミスを見て、それが人生で起こるたくさんの経験のうちの一つにすぎない、と認識します。

これができると、恐れや不安、後悔の念が減ってきて失敗と向き合える気持ちに切り替わります。ここまでできるとかなりいい感じです♪

2.失敗(経験)から教訓を得る

失敗を冷静に経験の一つだと認識できるようになったら、次はそれを客観的に分析して対策を考えることができるようになります。

失敗という経験を考えるのはもっと大きな失敗を防ぐこともできるメリットがあります。失敗は時に、現状よりもっと上を目指す際の障害として現れます。

その障害を乗り越えるにはさらなるいくつもの失敗をしてしまうでしょう。しかし、その度に

あなたに足りなかったこと、

あなたが意識できなかったこと、

乗り越えるのにあなたがすべきこと、

などが明確となり、問題解決の糸口が見つかるだけではなく、あなた自身の改善すべき点も見えてきます。

3.教訓を忘れない

上の2つができたら、メモを取りましょう♪

いきなりノリがちょっと軽いですが、メモをとって失敗を忘れないようにすれば、次の失敗も起こらないし、この経験があなたのものになります。

気持ちをコントロールするにも見返したりできますしね。

失敗で落ち込むなんてもったいない!失敗に打ち勝つ心を持つ方法!

ここまで読んでいただけると、失敗はネガティブな出来事のように思われがちですが、あなたの捉え方、扱い方一つであなたの人生を豊かにする「経験」の一つになることが分かったと思います。

そしてその「経験」を活かして分析し、問題を解くために挑戦し続ければ「成功」への道はおのずから開けます。

全ての物事はよく観察してみるとどれもすごくシンプルにできています。考えすぎずに前を向いて失敗を恐れず、チャレンジしていきましょう♪



[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。