海外でトラブル発生!貴重品盗難や紛失時のポリスレポート作成方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで古着買い付け中にパスポートやスマホ、クレジットカードを紛失してしまったり、盗難に遭ってしまったりした場合に、「ポリスレポート」というものが必要になってくる場合があります。その「ポリスレポート」についてお話します。

~本文へ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回は、海外に買い付けに出ている際に、もし貴重品、例えばパスポート、国際免許、スマホ、財布、クレジットカードなどが盗難に遭ったり、紛失してしまった時に「ポリスレポート」が必要になってくる事があります。

その「ポリスレポート」についてのお話です。

その前に、貴重品の紛失については下記ブログをご覧ください♪

 「海外紛失・盗難時の対処法!パスポート,携帯・スマホ,クレジットカード

ポリスレポートとは

ポリスレポートとは何かというと、自分の被害状況を警察に伝えたものを、警察官が文章化したものです。平たく言うと「警察への被害届け」ですね。

これがあることで、被害や損害を証明することができます。

ポリスレポートはどこで手に入れる?

「ポリスレポート」は警察署やツーリストポリスによって書いて貰うことができます。

その際パスポートが必要になりますが、パスポートを紛失、もしくは盗難された場合ににもポリスレポートは必要です。

この際に、被害を写したスマホの画像があると大変役立ちます。

スマホも紛失している場合は、さらに大変な状況になりますので、スマホは肌身離さず持つようにしましょう。

ポリスレポートが必要な場合

海外保険に届ける際や、パスポートを紛失して再発行する場合にはポリスレポートが必要になります。

そのほか、事故や車上荒らし、などにもポリスレポートが必要となってきます。

ポリスレポートを書いて貰わないと保険が降りず、レンタカーのダメージなども請求されることもあるので注意してください。

ポリスレポートを貰う前にすること

ポリスレポートを貰うよりも先にすべきことは、クレジットカードの紛失や盗難の際はまずカード会社に電話してカードを止めてもらいましょう。

盗難されたカードが使用されると、多大な請求をされることもあります。

携帯、スマホの使用される可能性があるので、できるだけ早く回線を止める必要があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。