海外の空港で使われる英単語、専門用語。知らないと乗り遅れる場合も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の買い付け全般編です!

前回のブログでは飛行機が急に欠航したときや、あなたが飛行機の時間に間に合わなかったときの対処法についてお話しました。

今回は飛行場で使う英単語、専門用語についてのレクチャーです!直接買い付けのバイヤーなら必ず空港に行くので特に大事な項目です。

買い付けで海外に出る際、一番初めに戸惑うのが空港です。広いし、英語だし、外国人は多いし、で混乱してしまい、自分が行かなければならない方向が分からなくなってしまいます。

中学英語でも会話は十分にできるだけの単語量はありますが、空港のような日常ではあまり使わない単語がたくさん出てくる場所のではある程度の語彙力が必要となります。

それを避けるためには、空港に書いてある看板の文字をある程度理解しなければなりません。この下の単語を覚えることでかなり楽に空港内を歩くことができます。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!メルマガ登録で、パスワードロックされている「空港で知っておきたい単語集」の紹介とオリジナル動画レクチャーを無料で見ることができます♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

この他にもたくさんありますが、とりあえず必要最低限、知っておかなければならないモノだけに絞ってあります。動画で発音を聞いてみてください。発音はカタカナで書いてあります。

「インターナショナル」を「インタナショノー」などと書いています。なるべく英語の発音に近づけておりますので練習してみてきださいね。赤字はアクセントのある場所なので強めに発音してください。

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。