古着屋を開業するのに何か資格は必要なの?古着屋開業ノウハウ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

Question

古着屋を開業するのに何か資格は必要ですか?

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

 

Answer

海外買い付けのみの古着屋では必要ありません。

古着屋を経営するにあたって、必要な資格と言えば「古物商許可証」があたまに浮かぶかもしれません。しかし、古物商許可証は実は全ての「古着屋」に必要な資格ではないのです。

どういう事かと言うと、「古物商許可証」というのは、日本国内で中古品を仕入れてそれを販売するときに必要となる資格で、基本的には「盗品」が市場に出回らない様に古物販売者に対して商品買い取りの際に身分証明書などを控えておくことを徹底させるための決まりです。

盗品が市場に出回った時に、古物販売者が持っている身分証明書からその盗品の出所を割り出すのが目的です。それは国内の古物の取引にだけ適応されているので、海外買い付けの古物だけを扱う場合は「古物商許可証」は必要ありません。

しかし、海外から輸入した古着などでも、卸業者が日本に輸入してそれを日本国内で仕入れる場合は「古物商許可証」が必要となるので注意が必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。