海外紛失・盗難時の対処法!パスポート,携帯・スマホ,クレジットカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の車移動で買い付け編です!

前回のブログでアメリカの治安の悪い場所に立ち入ってしまった時の対処法についてお話しました。それの続編として今回は海外で携帯やパスポートなどの貴重品が盗まれたり、紛失してしまった時にどうすればいいのかをお話します。

海外で貴重品を盗難・紛失

海外では何が起こるか分かりません。強盗もいますし、いつもよりも多くのモノを持ち歩くのですべてに意識が回らなくて貴重品を紛失してしまうこともあります。

もし、あなたが海外でパスポートを無くしてしまったら?

クレジットカードの入った財布を盗まれてしまったら?

携帯電話を無くしてしまったら?

どうするでしょうか?勝手の分からない海外です。困って立ちすくんでしまうんじゃないでしょうか?

でも、そうなった時に、初めから「対処法」を知っておくことで冷静に行動することができるようになるんです。迅速な行動は被害を最小限に留めておくこともできますよね。ではこれから詳しく見ていきましょう!

パスポート

紛失して一番困るモノは「パスポート」でしょう。パスポートを紛失もしくは盗難された場合は、 警察署でパスポートを無くしたという証明書(ポリスレポート)を作成してもらいましょう。

まずは、警察署に行って事情を説明し、ポリスレポートを書いてもらいます。 日本大使館に行って紛失届出のを作成してもらうパスポートを紛失した場合は在日本大使館に行って「紛失一般旅券等届出書」という書類を提出する義務があります。

その書類は窓口に置いてあるので、現地で記入できます。新規パスポート発行 される、もしくは「渡航書」を発行してもらう以下は日本大使館へ行く際に用意するものです。

警察署で書いてもらった「ポリスレポート」 1枚

写真(縦45mm × 横35mm) 1枚

本人確認、国籍が分かる書類(免許証や保険証など) 1枚

まず警察署に行ってそのあとに日本大使館で発行してもらう流れですね。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。