古着屋開業日(オープン)日の計算方法!アメリカ買い付け古着屋編♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です!

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の「有料コンテンツに入ってます♪」です!

【ゴールの「日にち」は考え始めていますか?】

いきなり「目標を達成する日にちを考えてください!」といってもどのように考えて日にちを導き出すのか悩んでいるかもしれません。

なので、参考までに一緒に計算してみましょう!

ショップのオープンがゴールなら、ショップをオープンするのに必要な金額から始めます。

よく言われるのは、古着屋を開店するのに必要な金額は200万円〜500万円程だと言われています。

200万円〜500万円って、差は300万円もあるやん!思うかもしれません。

そうなんです。

テナント契約時に用意する金額

◆ 家賃・敷金・礼金

まず借りるテナントの賃料によって大きく変わってきます。

 

 


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

という計算になります。

これを参考にご自分のシチュエーションと照らし合わせて計算してください。

その金額のお金が用意できる日にちの3ヶ月後~半年後あたりをゴールの日と決めましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。