古着屋ビジネスで存在意義や価値を提供する、心のマネジメント術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座のマインドセット(心構え)編です!

輸入ビジネスがあなたにできること

今回は「輸入ビジネスで自分の存在意義や価値を発揮する、心のマネジメント術!」についてお話したいと思います♪

このブログははじめてでも、英語が苦手でも、絶対にできる個人輸入ビジネスの始め方教えます♪」という長い名前からも分かるように、個人でできる輸入ビジネスを通してハッピーな人生を送りましょう、というコンセプトでやっております。

輸入ビジネスであなた自身をハッピーに

ボク自身、16年間に渡ってアメリカ古着、雑貨、家具などを輸入するビジネスを営んできました。

そのノウハウと輸入ビジネスに携わることで得られる幸せの数々をシェアすることで、一人でも多くの人に、会社に時間とお金を

「搾取されない」

楽しい人生を送ってもらおう、というのがメインの趣旨になっております。

輸入ビジネスに興味があまりない、という人にも人生をハッピーに生きる上で参考になるように作っておりますが、読み進んでいくうちに輸入ビジネスに興味をもってもらおう!というのもボクの野望であり本音でもあります。

だってこんなエキサイティングな仕事ってなかなかないですよ!

世界に飛び出していろいろな人に出会い、自分を高めながら新しいチャレンジをどんどんさせてくれる仕事なんて輸入ビジネス以外には考えられません!

とは言っても、ボク自身初めは古着とファッションが大好き!という気持ちだけで右も左も分からずこの世界に入りました。

闇雲にやっていくうちに奥の深さと新しいことにチャレンジできる環境に夢中になってしまいました。

もともと人見知りな方で(今でも割と人見知りですが)、どんどんチャレンジをするタイプでもなかったんですけど、輸入ビジネスに視野を広げられたおかげで、チャレンジや失敗への不安はなくなりました

人見知りも人と話す機会が多くなったおかげで、

「人見知り!」から「人見知り!?」

ぐらいまでにはなった気がします♪(笑)

海外のファッションやインテリアなどが大好きな人はもちろん、

新しく自分のビジネスを探している人にも、

大声で胸を張って輸入ビジネスの世界に飛び込んでみよう!と言いたいです。

そのぐらい深い魅力を持ったビジネスだと確信しています。

海外で直接買い付け

でも、輸入ビジネスというと、特に赤ぎ塾では日本からネットで仕入れるのではなく直接海外に出向いて仕入れる方法を教えているので、もちろん海外に行くところから始まります。

初めての海外仕入れの不安はボクもよくよく知っています。

ボクの友人や知り合いのバイヤーも初めての時は不安すぎて、大の大人がレンタカーをロードサイドに停めて大泣きしたと聞きました。

自分で始めると、

・誰も方法を教えてくれないし、

・危険かどうかの判断もつかないし、

・むしろどこ行っても危険に思えるし、

・言葉は通じないし、

・どこへ行ったらいいのか分からないし、

・見合った量と質の商品が仕入れられる保証はないし、

・レンタカーの借り方から泊まる場所、

・食事の注文の仕方、

まで分からないだらけのところへたった独りで飛び込むわけです。

10や20の不安どころじゃない数の不安要素が一気に襲ってきます。そしてそれを一人で迎え撃たなければなりません

だってコストをかけて、ビジネスとして海外までやってきているのだから、採算ベースにのせられるだけの数とクオリティーの商品を帰国までにそろえなければ赤字になってしまいます。

そのプレッシャーも不安要素の上にドンっと乗っかってくるので、気が気ではありませんよね。

ノウハウをあなたに

そういう不安をできるだけなくして、最初からある程度の知識と判断力をつけてもらって初めての海外仕入れに向かってもらおう!と始めたのが「赤ぎ塾」なのです。

・店舗設営から日本語OKなレンタカーの借り方、

・海外の古物市場のサーチ方法、

・中学英語で話せる買い付け英会話、

・危険な地域の見分け方、

・危険な地域に入ってしまった時の対応の仕方、

・フリマの探し方、

・プロの交渉術、

・宿泊先の探し方、

・美味しい食事の紹介と注文の仕方、

・輸入に一番大切なインボイスの記入の仕方、

・輸入してしまうと罰金が課せられる要注意商品の種類、

・海外から商品を発送する方法、

・空港で申告する関税の方法、などなど

あらゆる角度から直接仕入れの輸入ビジネスをサポートできるように考えています。

有料オプションで、極秘の激安仕入れ方法や関税を安くできる方法の案内に加え、コーチングも行います。

・今の仕事に不満がある方、

・海外のファッションや雑貨、家具などを輸入してお洒落なショップのオーナーになりたい方、

・自分のセンスで勝負してみたいという方、

・他のサイトやショップでは手に入らないオリジナルの商品を探している方、

・並行輸入ビジネスに興味のある方、

・ハッピーな生き方を模索している方、

趣味でビンテージやアンティークを集めている方で自分で安く仕入れに海外へ出向きたい、

という方々にドハマりする内容でお届けしています!

現在の生活に満足していますか?

朝早くから満員電車に揺られておじさんの加齢臭や女性の香水の匂いに吐き気を覚えながら、チカンに間違えられないように両手を吊革に乗せて1時間半、会社で上司に気を使い、部下に気を使い、お客さんに気を使う。

帰る時間も給料も待遇も休みの日時もすべてが会社の決断。出たくない飲み会にも自費で顔をださないと狭いコミュニティの中では生きづらい。

転職ったって、転職すればするほど条件は下がるし、仕事はきつくなる。実家の家族に会うのも1年で2日ほど。

そんな生活でもなんとなく楽しく生きていける人は特別な才能を持っているのかもしれません。

後悔のない人生を

でも、だいたいの人は死ぬ前に自分の人生を振り返って後悔をするそうです。

前のブログに詳しく書きましたが、末期患者の病棟で働く看護師の方が患者から繰り返し聞くいくつかの言葉があるそうです。

それは、

「あんなにシャカリキに働かなくてもよかった、、、。」

「自分にもっと正直に生きれば良かった、、、。」

「やりたい事にもっとチャレンジしておけばよかった、、、。」

などです。今目の前の仕事や生活だけを見てしまうと、今の生活を変えることに恐怖を覚えます。

先のことは誰にも見えないからです。でも、一番恐ろしいのは現状を変えないことなのです。

会社はあなたを守ってくれません

あなたが幸せになるように願ってはくれません。利益を出すために、株主を喜ばせるために会社は存在します。

仕事がら中小企業の経営者の方と話す機会がありますが、ボクにとってその人自身はいい人でも、自身の会社の従業員のことになると、大変悪い言葉ですが、

「生かさず殺さず」

で働かせているパターンが多いです。実際に「生かさず殺さず」という言葉を発した経営者もいます。

朝礼などでは夢や目標を持って働いてください、というような事を言うかもしれませんが、できるだけ会社の思い通りに働く人間に育てようと教育しているのです。

悪い言葉でいえば「洗脳」ですね。

企業にはコンサルタントの先生が来て経営者と話すこともよくありますが、従業員のことに関して言えば、

「あなたの会社は、従業員を幸せにできていますか?」

と気をかけてくれるコンサルタントは皆無です。

「こういう言い方をすれば、こういう方法をとれば、人件費を上げることなく、従業員のモチベーションを上げられますよ!」

と経営者に助言します。

会社のお金はある程度までは経営陣が私的に使っても経費で落とせるので、

経営陣の給料を少なく見せて従業員には節約を呼び掛けておいて

自分は会社のお金を経費として自分の生活や贅沢の為にに使う、みたいな経営者がほとんどです。ほとんどの業種で経営者の自動車は会社の経費でおとせますからね。

友人の経営者なんかレクサスの四駆に自腹を一円も払わずに経費で乗ってます。もちろんガソリン代も会社持ちです。この人がやりすぎなんじゃなくて、これはごく普通にほとんどの経営者がやっていることなんです。まあ、車種はそれぞれの会社の経営状況によるでしょうけど。

ひどいところになると働いてない経営者の家族が役員として登録してあって、従業員よりも高い役員報酬を取っている場合もあります。

従業員に還元するのは万策尽きた最後なんです。

従業員を自分の事業を手伝ってもらっている仲間だと思ってきちんと扱ってる企業はかなり少ないです。

自分でビジネスを持つメリット

大企業はもっとマシだと願いたいですが、話を聞いていると、少しでも独立したいと考えたことがあるなら、思い切って自分のビジネスを持ったほうが絶対に幸せになれます。

自分の仕事量も休みも給料まで全部自分で決められます

逆にビジネスのお金は経費として税法上問題なく私用で使える(使っても業務上なのか私的使用なのかグレーなラインで、程度が著しくなければ税務署も口を出せないものも含めて)枠がかなり確保されています。

利益の出し方と経費の使い方次第で税金の金額もコントロールできます。利益を出さないと税金は減りますが、銀行に対する印象が悪くなって融資が厳しくなるので、その辺はうまいこと考えて利益の額を操作しています。

リスクが怖いなら副業から始めてもかまいません。それが輸入ビジネスなら赤ぎ塾がお手伝いできます。

東南アジアの買い付けなら、海外旅行程度の日数で十分利益が出る仕入れができます。

長期の休み(最低でも1週間以上)取れるならアメリカ、カナダ、10日以上取れるならヨーロッパ買い付けもできます。

旅行が好きで、モノと人を愛せる人なら輸入でお金を稼ぐことを強くおススメします。

もちろん、時間とお金の自由を得るだけでなく、輸入ビジネスにはもれなくすばらしい出会いがついてきます。

今まで触れ合うことのなかったようなタイプの人たちと出会い、いろんなことが学べます

お金と時間の自由は一番解決したい問題ですが、長い目で見ると、実は人との出会いが一番人生の糧になるかもしれません

ショップを構えていたボクはショップを通じて人生を通じて付き合える友人を何人も作りました。それはかけがえのないことだと思います。

自分が輸入ビジネスを続けられているのは、みんなウチの店の通ってくれるお客さんのおかげなんだと心から感謝の念が沸いてきます。

そうなると、お客さんのために何かしてあげたい、喜ばせてあげたい、と心から思えるようになります。

人が一番幸福を感じるのは、「自分がした事で人が喜んでくれた!」という状況なんですって。

もちろん買い付けにいった先の卸業者さんともずっと連絡を取り合っています。仕入れ先の海外に友人ができればこんな心強いことはありません。

しかもショップを構えていると人見知りのボクのところに向こうから人がやってきてくれます。

出会いホイホイみたいなもんです(笑)。

もちろんロマンスも生まれます♪

ボク自身は結婚してからビジネスを始めたので、アレですが(笑)、ボクの友人なんかは結婚相手や彼女がもともとはお店の常連だったなんていう人が多いです。

会社なら「お客さんとの恋愛」はタブーです。嫌な言い方をすれば「お客さんに手を出した!」なんて言われますよね。

でも自分のビジネス上ではすべての出会いを大事に培っていくことができます。すばらしい人がいたら友人になったり恋人になったりすればいいのです。

いろんな意味で輸入ビジネスはあなたの人生そのものになります。

海外に出て視野を広げてくれるだけでなく、お金の出入りから時間の使い方、人間関係、趣味、果てには生涯の伴侶となる人を見つけるかもしれません。

こんな面白いビジネス他にはありません赤ぎ塾が全力でサポートしていきますので、輸入ビジネスでハッピーな人生を一緒に作り上げていきましょう!



[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。