求む!大好きな「古着ファッション」を「人生の仕事」にしたいあなた!

「アメリカ古着買い付け&開業ノウハウ」が学べるプロ志向の方のユニークな塾です!

 

どうやれば古着屋さんになれる?

このページを読んでいるあなたは、「古着屋」経営に興味を持ち、「いつか」実現したいと思っている、自分のお店で大好きな古着に囲まれてお客さんと笑い合っている将来の自分を夢見ているかもしれません。

または海外に出て広い視野で商品を買い付ける「バイヤー」の自分に憧れているかもしれません。

でも、ただ憧れているだけだったり、「いつか」を期待しているだけでは、夢は現実のものとなりえません。

「具体的に目標をもって動く」

これがないと、どんな夢も叶うことは絶対にありません!

でも、「具体的」と言われても、業界のことを知るすべなんて現場に入って覚える以外には存在しないので、「古着屋」を始めたいと思っても、たくさん分からないこと、不安が頭に次々と浮かんでくると思います。

例えば、、、

そして、、、

他にも、、、

など、ぱっと思いついただけでもこれだけの「?」が浮かんできます。もっと細かく考えると数えきれないくらいの数になります。

上記の「?」はすべて私自身が古着屋を始める際に持っていた「不安要素」です。

「不安要素」というのは、実際に解決法が頭に入るまでは「不安」のままで居続けます。

その「不安」

「古着屋をやってみたい!」

「海外買い付けで広い世界を見てみたい!」

「自分のセレクトで勝負したい!」

というあなたの気持ちを迷わせて、開業の敷居を高くしている原因です、、、。

上記の全ての「?」を一度に見てしまうと途方もなく大きな壁に見えてしまいますよね。

目の前が真っ暗になって何から手を付けていいのやら分からなくなってしまいます。

でも実は、「古着屋開業」資金的には他の業種に比べてもぐっと低い金額で始めることができます。

もっと言えば、飲食店の3分の1ほどから始めることができるんです!

にもかかわらず、思いのほかチャレンジする人が少ないのは上に書いような高い壁があると思っているからではないでしょうか?

でも、実を言うと、1つ1つはそんなに大したことのない「?」なのです。

あなたはそれを経験したことがないので、「知るべきこと」「やるべきこと」を知らないだけなのです。

1つ1つの「?」を順番にゆっくり解決していけば、いつのまにか壁の向こう側に降りている、そういう感覚です。

そのアメリカ直輸入の古着屋さんになるために「知るべきこと」「やるべきこと」をわかりやすく教えているのが、この赤ぎ塾なのです♪

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

私自身、27歳の時に全く経験もないにも関わらず「古着が大好き!」という気持ちだけで、いきなりお店をオープンしてしまいました!

性格的に向こう見ずだったのもありますが、当然ながらすごく大変な目に合いました!笑

全ての「?」に自分でぶつかって答えを出していかなければならなかったので、失敗も多くたくさんのお金を失いました、、。

何を誰に聞いたらいいのかさえも分からず、とりあえず行動するしかないので行き当たりばったりで行動する、という事だけで何とかギリギリ乗り切ってきました。

あの時せめて「?」ヒントだけでも与えてくれる何かがあったらどれほど助かっただろうと思います。

しかし今では「16年間」買い付け、店舗経営から得た豊かな経験があります。直接買い付けの段取りから出店までの正しいスキルも持っています。

「?」「!」へ

このスキルを元に、これから古着屋を目指す人たちの「?」「!」に変えて独立開業する敷居を低くするお手伝いができるのではないかと思い、このコンテンツを作ろうと決めました。

自分自身がかつて喉から手が出るほど欲しかったコンテンツです!

まさにトレジャーハント!

16年の間で、仕入れ値と売値の差額が一番大きかったのはカンボジアとの国境、言葉が全く通じないThank youすらも理解してもらえない人が多い)アランヤプラテートという街の中、身振り手振りと笑顔を武器にゲットした約500円のデニムジャケット!

これはリーバイスが初めて作ったデニムジャケットで、マニアの間では「ファースト」という名前で取引されていました。それを持ち帰って何とすぐに買い手が見つかり、何と9万円で購入していただきました♪

まさにトレジャーハント、という経験でした!

こういうトレジャーを見つけた瞬間は頭はカーッと熱くなって、アランヤプラテートの灼熱の太陽の下、一人でガッツポーズして小躍りしてしまいました笑♪

海外では日本に比べて中古市場がずっと成熟しているため、中古品販売店、アンティークショップ、ビンテージショップは星の数ほどあり、品物の単価もかなり安いです。ほとんど無料に近いものまで存在します。

なので、高いチケット代金、レンタカー代、宿泊代、商品の輸送代金などを支払ってでも十分に元が取れるんです。

輸入の古着屋さんや雑貨屋さんなどが海外で買い付けしているにも関わらず安い値段で提供できるのは現地の商品の「値段の安さ」に秘密があるんですね♪

レア商品を求めて世界を回った16年!

それでは、私の海外で買い付けた商品を販売する拠点(ショップやネットショップ)についてお話します。

最初の6年は、都市部のメインアーケード商店街から1本脇に入った人通りの多い店舗で店を営んでいました。

店名は「redwood」といいます。学生時代にカリフォルニアで住んでいた街の名前「Redwood City」から取りました。

話はちょっと横にそれますが、「redwood」という名前の店なのでお客さんに「店長さんの名前って多分、赤木さんでしょ?」とよく聞かれました。「ブリジストン」の「石橋さん」みたいな感じですね笑。

なんかそれが妙に気に入ったので、このコンテンツ講座の名前も「赤ぎ塾」にしました笑。「ぎ」が平仮名なのは「赤木?」とも「赤樹?」とも聞かれたことがあるので、まぁどっちでも大丈夫なように、ということです♪

で、その店舗は、家賃が地方都市にしてはべらぼうに高かったせいで店を維持するだけでも大変だったのと、自宅から県境をまたいでかなり長距離の位置にあり、通勤にも時間がかかりすぎる為、子どもが産まれたのをきっかけに、閉店しました。

その後1年間は自宅の近くに小さなオフィスを借りてSOHO(Small Office/Home Officeの略)として、試験的にネット販売だけでビジネスが成り立つのか知りたかったこともあり、パソコンとにらめっこして過ごしました。

ネット販売だけでも十分に利益を出せることが分かったのですが、人恋しいというか(笑)、自分で海外まで行って仕入れた自慢の商品はやっぱりお客さんと直にそのモノの良さを共感したいという気持ちが強くなり、郊外のロードサイドの店舗に移転しました。

お客さんとモノについて話し合える実店舗とインターネット店舗の2通りのビジネスで9年間営業をしてきました。

その中で、アメリカ全土、アジアなどを自分の足で渡り歩き、珍しい洋服や雑貨、プレミア家具などを仕入れてはお客さんに紹介してきました。

先ほども言いましたが、最初に古着屋を始ようと思ったきっかけは本当に単純なもので、「古着が大好き!」という熱い気持ちだけでした、、、笑。

まったく「古着業界」「輸入ビジネス」「店舗運営」のことなど知らないのに、いきなり古着屋をオープンしました。

初めの店舗では勢いあまって笑、四国の地方都市なのにもかかわらず、メインの商店街の外れになんと家賃「16万円」のテナント物件を契約してしまいました。

両親が郊外型の飲食店を経営していたのもあって、頭に入っていた家賃の相場が恐ろしく高かったんですね、、、。郊外型の飲食店の家賃って月/50万とか60万とか普通ですから。

しばらくして周りの洋服屋さんやサロンなどの家賃を聞いて、自分がどれだけ高い家賃を払っているか知って目が飛び出しそうでしたもん笑!

周りの古着屋などは高く払っているところでも10万円でしたからね、、、。

そんなこんなで、念願のお店を始めたのはいいんですが、どうやっていけばいいのか分からず途方に暮れていたところ、偶然ネットで見つけた「古着店舗運営のコンサル」「古着の卸」をしていた業者と契約しました。

そこは当時関西を中心にコンセプトの違う10店舗以上の古着店を経営していて、すごく前衛的なことをやっているように見えました。

そこと契約できたことで、一安心だとホッとしていたのですが、そこから送ってもらった商品は今思うと超ぼったくりの値段な上に、ゴミのような商品を混ぜて売られていたり、絶対に売れないアメリカのXLサイズのレディースがかなり入っていたりしました。

その上、コンサル代金100万円以上も支払ったのに何を聞いても、

あなたの頑張りが足りないのが原因だ!

「問題は自分で考えて解決するもんだ!」

と精神論を言われるばかりで、コンサルティングしてくれることも解決策を提示してくれることも全くなかったので、結局その業者とは連絡を取るのをやめてしまいました。

お金もほとんど残っていない状態で、月16万円高い家賃を払いながら、仕入れ先も失って頭が真っ白になっていた時に、ふとした事で、アメリカまで古着を買い付けに行っている「おじさん」と知り合いました。

ボクが困っていることを告げると、その「おじさん」は嬉しいことに次の買い付けに一緒に行こう!と誘ってくれたのです。今思うとボクが16年間もの間古着屋を続けてこられたきっかけはそのおじさん、「ヒロさん」といいます、と出会えたお陰でした。

「ヒロさん」はかつてはロサンゼルスに住んでいて、十数年間古着のバイヤーに商品を卸す仕事(ディーラー)をしていましたが、私が出会った頃は、日本に帰ってきてかっこいいオールド・アメリカンな感じの自分のお店を構えていたのでした。

アメリカでその「ヒロさん」から学んだことと、自分が切磋琢磨して失敗を繰り返しながら得た数多くの「経験」をわかりやすくかみ砕いて、誰でも、まったく知識がない状態の人でも「海外買い付け」「古着屋経営」ができるように考えて作られたのが、

「50以上のコンテンツが入ったプログラム」「総録画時間680分以上の動画」をメインテキストとして、メールレクチャーで分かりやすく指導いたします♪

 

気になるコンテンツの内容は、、、

 

赤ぎ塾では輸入ビジネスの携わる前の心構えから英会話、アメリカでのチップの支払い方に至るまで順を追って細かくコンテンツを作成しました。単に買い付けのノウハウだけをレクチャーするだけではその他の「不安」は払拭されないと知っているからです。

・海外に行って、

・海外でレンタカーを借りて運転して、

・英語で外国人ディーラーと交渉して、

・海外から商品を発送する、

というだけでもすごく勇気のいることです。

でも「不安要素」はそれだけではありません。モーテルの泊まり方やレストランの利用の仕方、危険回避の方法など考えるだけですべてが「不安」になってしまいます。

もちろん「英会話」も大きな不安要素だと思います。

私自身、カリフォルニアのサンフランシスコから南へ40キロほどの場所にあるCollege of Notre Dame (現在の Notre Dame de Namur University)という大学に4年間通いました。

初めてアメリカに着いたときの不安は今思い出しても心にグッと来るモノがあります。

あまり人には言いたくない話ですが、当時22歳にもかかわらず、初めての海外生活が不安すぎて国際電話しながらおいおいと泣いてしまったことがあるほどです笑。

後に古着屋としてまたアメリカの地を踏むこととなるのですが、英語は大学時代のお陰で不自由はありませんでした。

しかし、もう学生ではなく1人のプロとして、古着のバイヤーとして新たな世界に足を踏み入れるのもすごく勇気がいることでした。

分からないことだらけですからね。

知り合いのバイヤーさんの話を聞くと、何の後ろ盾もなく独りで初めてアメリカに来た時には不安がすごすぎてレンタカーを道路脇に停めて声を上げて泣いたという経験を持つ人が数人います。

大の男が、しかも自分でショップを開業するほどのバイタリティを持つ人でさえ、不安に押しつぶされそうになるのです。

今となっては彼らもネタとして「怖くて独りで泣いちゃいましたよ~♪」なんて笑い飛ばしていますが、笑っていられるのはその「不安」「恐怖」に打ち勝った経験があるからです。

私自身16年に及ぶ海外買い付けを行ってきました。最初は本当に不安と訳の分からない恐怖でいっぱいでしたが、途中からかなり楽しめるようになってきました。

買い付けに出るのが楽しみすごぎて、店の為に買い付けに行くのか、買い付けのために店をやってるのか分からないほどでした笑。

実際慣れてしまうと、海外に行って買い付けすることはそんなに大したことではありません。「何をするべきか」「何をしたらダメか」というのをいったん覚えてしまえば誰でもできることなのです。

基本的にモノを買うだけなので、大した英語も必要ありませんしね。

アメリカは主張することが当たり前の国なので、分からないことは「分からない!」と言ってもいい文化です。日本のように「空気を読む」ということをそんなにしなくていいんです。

だから、「私はほとんど英語は分かりません!」という顔でいたらいいんですよ。アメリカにはそんな人いっぱいいますしね。

話は少しズレてしまいましたが、このように海外買い付けにおける「不安要素」をできるだけ取り除くこができれば、初めの1歩がなかなか踏み出せない人のお手伝いをすることができるんじゃないかと思ったんです!

しかも、買い付けのノウハウに値段を付けて売るだけのビジネスでは、個人個人の「不安」に答えることは難しいと思い、メールレクチャーによる指導と、塾生個別にメールを使った質問応答悩み相談も行います。

自分が携わった人が、夢を叶えて行くのを見るのはとても幸せなことですからね♪

赤ぎ塾のレクチャーは買い付け店舗運営からではなく「マインドセット(心構え)」から始まります。

「マインドセット(心構え)」からレクチャーが始まるのは、人間の意思はとても弱いものなので、初めに持った強い気持ちを最後までずっと持ち続けることがとても難しい、という事実を踏まえているからです。

目標を定めてぶブレることなくそれを成就できる人はほんの一握りです。最初に目標を掲げた時はテンションが上がって「自分は絶対に成功する!」と思いがちです。しかし、時が経つにつれてその熱い気持ちは冷めてしまいます。

そうなるとせっかく定めた目標の達成が難しくなってくるんです。

定期的に定めた目標を自分の中で反芻(はんすう)して身持ちを絶えず熱くキープしておいたり、ゴールに向かって進むことを毎日の「ルーティン」にして、無意識下でもゴールを目指すように持って行く訓練が必要なのです

 

◆ 学習の進め方

1、契約後、まずPDFをダウンロードしてください。

2、当塾よりメールで学習する内容と、コンテンツに載っていない「マル秘!買い付け&開業情報」などをお送りします。ステップバイステップでフォローしやすい内容となっています。

3、メールが届いたら、メールの内容を確認して、その日学ぶコンテンツをPDFと動画で学習していただきます。

4、わかりにくいところや疑問に思ったところはどんな些細なことでもご相談ください。

コンテンツのまとめ

50以上のコンテンツと50以上の動画コンテンツで「直接買い付けするアメリカ古着を扱うビジネス」について学んでいくわけですが、上記の「気になるコンテンツ」も多すぎてピンと来ないかもしれません。

なので、

ずばり!この講座で何を身につけられることができるのか、を11にまとめました!

マインドセット(心構え)は上記のまとめには入れておりませんが、これだけのことがプロとして身につく内容となっております。

不安なことやご質問がありましたら下記フォームよりお気軽にご連絡ください♪

※ 入塾希望でなくても全然気にせずお話を聞かせてくださいね。

◆ ◆ ◆

では、最後に大切な「料金」のお話を

させていただきますね!

ただいま、お得なキャンペーンを開催中です♪

お見逃しなく!

 

※ 質問・お悩み相談の個別メールは、60日間回数無制限でお送りいただけます

 

※ 特典はご購入の際にメインテキスト(PDF)と共にダウンロードいただけます♪

 

タイで古着、雑貨の買い付けノウハウの13コンテンツ詳細♪

 

● タイで古着買い付け!洋服、小物、雑貨、家具、アクセサリー激安仕入れ!

● タイの仕入れマップ !雑貨、シルバー等アクセサリーはここを押さえる!

● 仕入れができるタイ、バンコクのマーケット&ナイトマーケット!

● タイ古着仕入れ!業者専用ウェアハウスで一気にお宝を買い付ける方法!

● 激安タイ買い付け!カンボジア国境アランヤプラテートの大卸問屋街!

● タイ買い付け!タクシーやBTS(スカイトレイン)MRT(メトロ)の使い方!

● タイ、バンコク買付けでコピー商品の見分けとオリジナル商品の作り方!

● タイ買い付け!知っておきたい経費をおさえたバンコク宿泊のコツ!

● 英語が苦手でも海外仕入れで安全にタイ、バンコクから輸入する方法!

● 必要なのは最低限のタイ語だけ!バンコク買い付けで使えるタイ語会話♪

● 客引きに注意!バンコクで3時間の軟禁!タイで体験した危険な体験!

● アジアで食事。言葉は通じなくてもグルメに屋台を楽しむ方法!

● 食中毒から身を守る!タイなどアジアの食事で特に気を付けること!

 

 

※ http://の続きにakagishoten.com/contents-1とコピペいただくと、上記の「タイで古着・雑貨の買い付けノウハウ」販売ページをご覧いただけます♪

※ 特典プレゼント期間中、質問・お悩み相談の個別メールは、60日(基本)+30日(特典)=合計90日間、回数無制限でお送りいただけます♪

下記フォームより「疑問に思うこと」や「不安に思うこと」をお寄せください!

どんな些細なことでも聞かせてくださいね♪

※ 同時にメールマガジンの登録も募集しています♪

[submit"登録する"]

 

お申し込みの前に

 

お申し込み後、PDF化してテキストとしてまとめたコンテンツ集をダウンロードいただけます。内容は当塾のブログ「akagishoten.com」で紹介している「輸入ビジネスの始め方」「古着屋さん」を目指すあなたに特化した内容です。ブログで紹介しているので、ブログの一部はどなたでも見てただくことができます。ぜひチェックしてみてくださいね♪

そのコンテンツ集をテキストに「メールレクチャー」を行います。その「メールレクチャー」こそががこの「赤ぎ塾」神髄です。これを伝えるために「赤ぎ塾」を立ち上げました。

テキストだけでは伝えきれない内容や、より掘り下げた買い付けノウハウ、ブログでは絶対に紹介できないマル秘テクニック、私が海外買い付け中に実際に経験したいろいろな出来事や事件とその対処法を詰め込みました。知らないと海外で無駄なお金を使ってしまう「経費節約ノウハウ&テクニック」も満載です。しかもそれに対して質問悩み相談をしていただくことで、さらに理解が深まり自信にも繋げられると確信しています。

この「赤ぎ塾」を通じて、古着屋さんを目指すあなたの成長を助けられることを楽しみにしています♪

 

 

※ 赤ぎ塾の運営はただいま全ての業務を塾長単独で行っています。できるかぎり誠意を持って塾生と向き合うために、1度に対応できるギリギリの人数を「20名」と考えています。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、募集人数が埋まり次第募集を締め切らせていただこうと考えています。今、興味を持ってここまで読んでくれているあなたには、是非早めのお申し込みをおすすめいたします。

<a href=https://ja.pngtree.com>pngtree.comのグラフィックス</a>

 特定商取引法に基づく表記 

販売者 赤ぎ塾 信田 雄三
所在地 〒779-0119
徳島県板野郡板野町西中富字喜多居地68-1
連絡先

(メール)

yuzonob@gmail.com

※ どんなことでもご質問ください♪

TEL 090-8285-0555
URL http://akagishoten.com/lp/akagi-juku
事業内容 アメリカ古着を直接現地で買い付ける方法、商品を販売する方法のノウハウ、コーチングの販売
支払い方法 代金引換(代引なし)

クレジットカード ・銀行振込 ・コンビニ決済 ・BitCash・ ちょコムeマネー

販売価格 赤ぎ塾 第一期生募集 先着20名 99,800円
商品代金以外の必要金額 分割決済の場合は、複数回払い時のシステム手数料が発生いたします。
募集人員 赤ぎ塾 第一期 アメリカ古着買い付け・起業レクチャー受講生  20名
申し込みの有効期限・商品の引渡し時期 お支払いは14日以内にお願いいたします。

14日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます。

商品の引渡し方法 代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりテキストPDFをダウンロードしてください。入会時に登録したメールアドレスに講座ご案内メールをお送りします。
ダウンロードしていただいたテキストPDFを元に、90日間に渡ってレクチャーレターと個別メールでコーチングを行います。
契約期間中はいつでも何度でもメールでご相談をお受けいたします。
キャンセル・退塾について お申し込み後のお客様都合のキャンセルはお受けできません。
いったんご入金いただいた費用の返金は致しかねます。
受講期間中の退会は可能です。 お支払いされた費用に関しての返金は致しません。
テキストがダウンロードできない等、不備がありましたら、ご連絡ください。
すみやかに対応させていただきます。
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
禁止事項 当塾で得た知識などの無断転売、画像や文章の無断転載を禁じます。
資格 徳島県公安委員会古物商許可証 第801010001599号

※ 海外で買い付けた中古品を日本国内で販売する場合、古物商許可証の取得は必要ありません

しかし、取得してネット販売の際などに提示しておくことで「信用度」が上がる可能性があります。