はじめてでも英語が苦手でも、始められる古着屋ビジネスノウハウ塾!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座です!

「赤ぎ塾」信田雄三です。「のぶたゆうぞう」と読みます。「のぶた」という珍しい苗字なのでよく読み方を間違われたり、電話口で苗字を聞かれて答えると、

「、、のぶたさん?えっと?のはらのに、、ぶた?、、でよろしいですか?」

なんて言われることもある苗字です。もちろんよろしくはないです。(笑)

そんな珍しい名前を持つ私は16年間に渡ってアメリカで買い付けた古着をメインに雑貨やおもちゃ、アンティーク食器や家具などを販売するショップを営んできました。

その中で、海外で例えば100円ほどで仕入れたものが、日本では何と100倍以上の値段で売れるという経験を数多くし、海外買い付けのトレジャーハントの様な奥深さに魅せられ、アメリカ中を走り回り、タイやカンボジア国境などアジアまで足を延ばして買い付けを行ってきました。

まさにトレジャーハント

16年の間で、仕入れ値と売値の差額が一番大きかったのはカンボジアとの国境、言葉が全く通じない(Thank youすらも理解してもらえない人が多い)アランヤプラテートという街の中、身振り手振りと笑顔を武器にゲットした約500円のジージャン

これはリーバイスが初めて作ったデニムジャケットで、マニアの間では「ファースト」という名前で取引されていました。それを持ち帰ってすぐに買い手が見つかり、何と9万円で購入していただきました♪

まさにトレジャーハント、という経験でした!

こういうトレジャーを見つけた瞬間は頭はカーッと熱くなって、アランヤプラテートの灼熱の太陽の下、一人でガッツポーズして小躍りしてしまいました♪(笑)

海外では日本に比べて中古市場がずっと成熟しているため、中古品販売店、アンティークショップ、ビンテージショップは星の数ほどあり、品物の単価もかなり安いです。ほとんど無料に近いものまで存在します。

なので、高い航空運賃、レンタカー代、宿泊代、商品の輸送代金などを支払ってでも十分に元が取れるんです。輸入の古着屋さんや雑貨屋さんなどが海外で買い付けしているにも関わらず安い値段で提供できるのは現地の商品の値段の安さに秘密があるんですね♪

レア商品を求めて世界を回った16年!

それでは、私の海外で買い付けた商品を販売する拠点(ショップやネットショップ)についてお話します。

最初の6年は、都市部のメインアーケード商店街から1本脇に入った人通りの多い店舗で店を営んでいました。

そこは自宅から県境をまたいでかなり長距離の位置にあり、通勤にも時間がかかりすぎる為、子どもが産まれたのをきっかけに、閉店しました。

その後1年間は自宅の近くに小さなオフィスを借りてSOHO(Small Office/Home Officeの略)として、試験的にネット販売だけでビジネスを回していけるか知りたかったのもあり、パソコンとにらめっこして過ごしました。

ネット販売だけでも利益を出せることが分かったのですが、人恋しいというか(笑)、自分で海外まで行って仕入れた自慢の商品はやっぱりお客さんと直にそのモノの良さを共感したいという気持ちが強くなり、郊外のロードサイドの店舗に移転しました。

お客さんとモノについて話し合える実店舗とインターネット店舗の2通りのビジネスで9年間営業をしてきました。

その中で、アメリカ全土、アジアなどを自分の足で渡り歩き、珍しい洋服や雑貨、プレミア家具などを仕入れてはお客様に紹介してきました。

輸入ビジネスを始めるための道しるべ!

このレポートは、そこで培った

店舗運営(ネットショップも含む)、

海外買い付けのノウハウ

輸入

税関審査の通し方

海外の安全な歩き方など

を、輸入ビジネスを目指しながらもうあと一歩勇気がが出ない、というあなたと共有し、

一緒にひとつづつ問題に立ち向かい、できる限り不安を解消し楽な気持ちで前に進む力になれればと思い、コンテンツとして世に出そうと決めました。

自分の持っているノウハウが人の人生を楽しい方向に導く道しるべになれば、最高じゃないですか♪

現在は下の息子が大学病院に入院することになってしまったのをきっかけに店舗は閉店し、

(あっ、おかげさまで息子は退院して、少しの制約はありますが、元気に学校に行っております♪)

ネット販売を続けながら、フルタイムで働いてる奥さんのサポートと家事全般をやっております。

まぁ、いわゆる「主夫」ですね。

晩御飯のおかずには毎夕悩まされておりますが(笑)、毎日家族に「美味しい!」と言わせてやろうと全力投球で挑んでいます!

近い将来、美味いアジア料理を出す、輸入雑貨や家具の並んだ居心地のいいカフェを作ってやろうと企む日々を送っています。

お金だけじゃない、かけがえのない人達との出会い

16年も店をやっていると、ショップ時代にうちのお店をひいきにしてくれた常連さんとはいまも交流がありますし、今でも彼らは他店で購入したビンテージの服や雑貨などの画像を送ってきてボクに自慢したり、鑑定を頼んできたりしてきます(笑)。

ショップオリジナルのTシャツやスエットなども作ってたんですが、お客さんによってはいまだに毎年注文をくれる方もいてうれしい限りです。

本当に輸入古着や雑貨を扱うお店をやって良かったと思います。

人との関わりは自分の視野を広げてくれるし、絶えず新しい刺激を与えてくれます。これがボクがショップ経営おススメする一番の理由です。

ネットショップでもメッセージで人の温かさや人間性に触れてほっこりすることもあって面白いんですけど、SHOP経営の面白さはその何倍もあるので、

自分のこだわりで仕入れた宝物は対面接客で販売する、というのが売る側も買う側も幸せになる近道なんじゃないかと思います。

ショップを持つということは、人生でかけがえのない人と出会う場でもありますし、自分のファンに囲まれてすごく幸せな時間を過ごすことができます。

自分にファンがいてくれるという状態はいついもウキウキしますし、身を引き締めてもくれます。

毎日が充実しますよね。常連さんはあなたのお店のセレクトだけじゃなくあなたのことを気に入ってくれて足しげく通ってくれますからね。

さあ、輸入ビジネスの世界に飛び立とう!

今、このレポートを読んでくれているということは、あなたは、自分の人生の新しい扉を開き、海外の洋服や雑貨、家具などのビジネスに興味があって、しかも生活の柱にして大好きな仕事で人生を送りたいと思っているということですよね?

 

でも海外からの輸入で自分のビジネスを立ち上げる、ということは、考えるだけで楽しいことが盛りだくさんですが、もちろん不安なことも盛りだくさんですよね?

 

・当然、海外に出かけないといけないし

 

言葉も通じないかもしれない

 

どこで仕入れができるのかも分からない

 

危険かもしれないし

 

・買った商品はどうやって日本に輸入するかもわからない

 

輸入の際に書類作成なんて初めてでもできるの?

 

関税?税関?税金とかかかるの?

 

ショップをするにはだいたいどれぐらいのお金が必要なの?

 

いくらの利益を考えて仕入れたらいいの?

 

泊まるところは?

 

日本人はよく海外でカモにされるとか聞くけど対処法は?

 

レンタカーの借り方は?英語話せなくても借りられるの?

 

輸入には絶対に必要となってくる「インボイス」の書き方は?

 

そもそもお店ってどうやって作るの?

 

などなど、考え始めたらいくらでも「?」が出てきますね。

ボク自身、まったくノウハウのない無知な状態から

海外の古着と雑貨や家具の魅力を紹介したい!

毎日大好きな洋服や雑貨に囲まれて過ごしたい!

ボクの世界観を楽しんでくれるお客さんと繋がりたい!

という気持ちだけでSHOPを立ち上げたので、最初の1~2年はかなり苦難の連続でした。

だってヴィンテージショップの経営の仕方なんて誰も教えてくれないんですから!

誰も教えてくれない、輸入ビジネスのノウハウ集!

ノウハウも経験もゼロから出発のボクは当然何度も何度も壁にぶち当たり、そのたびに頭を抱えて、

現状を見直し(観察し)、

どうすれば現状を打破できるのか考え(仮説を立て)、

行動に移す(実験し)、

結果を分析して(考察する)

その時々の最悪の現状を打破してきました!

16年間やってこられたのはそんな無数の失敗を乗り越えて得た自分だけのノウハウを持っていたからです!

そんなボクの失敗と悪戦苦闘した経験を知ってもらうことで、なるべく無駄なお金と時間を使わずに夢へと羽ばたける様にお手伝いしたいと思います。

ボク自身、まったくの無知だったにも関わらず、勢いだけで突き進んだために、無駄にしたお金と時間と労力はすさまじいものがありました。

なので、理想のお店を作り上げるまでに数多くの壁にぶち当たりました。目の前に壁しか待ってないんちゃうか?と思うこともしばしばでした(笑)。

もし相談できる同業者の先輩がいたり、輸入ビジネスの業界で経験を積んだことがあったなら、ぶちあたることがなかったであろう壁たちです。

過ごした時間はそのまま経験となるので無駄とまでは言いませんが、間違ったやり方を選んでしまうと残念ながらビジネスの世界では「お金」が飛んで行ってしまいます。

お金はできることならいい商品を仕入れることに使いたいですからね。初めから無駄なお金を支払ってしまうのはビジネス立ち上げにとってマイナスでしかないですから。

だから、もし16年前の輸入ビジネス立ち上げ当時のボクに見せたら、飛び上がって喜ぶようなノウハウを詰め込んだレポートを作って、かつてのボクと同じ夢を持っているあなたと一緒に、ビジネスの立ち上げをしたいと思います!

あなたの輸入ビジネスに関する全ての「?」にお答えできるのがこの

「はじめてでも、英語が苦手でも、絶対にできる個人輸入ビジネスの始め方教えます♪」

なのです♪

名前が長いのは伊達じゃありません!

これから一緒に海外買い付けの旅にでかけましょう!

絶対にできる個人輸入ビジネスを効率的に1から学びたいと言う方は、

下記フォームより

★☆★ メルマガ登録 ★☆★

をお願いします♪ (もちろん、無料です!)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す