古着屋経営で安定した仕入れを考える。いつでも良い商品が並ぶ為に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座のコラム・Buyer’s Columnです!

いろいろと初心者バイヤーの方のお話を聞いていると、皆さん同じような悩みを抱えていることが分かってきました。

仕入れにおいて一番多い悩みは「安定した仕入れ」できるのかどうか、ということです。

今回は安定した仕入れについて考えていきたいと思います。

安定した仕入れとは

アメリカで古着を買い付ける際に利用する場所といえば一般的に「スリフト」「ガレージセール」「フリマ」「ディーラー倉庫」「ラグハウス」だと思います。

その中でも、「スリフト」「ガレージセール」は一期一会的な要素が大きすぎて「安定」に直結はしません。

「フリマ」も一期一会的ですが、セラーが集まっているので、一日でかなりの量の「目的のモノ」を仕入れることができるという点では、「スリフト」などよりはるかに「安定仕入れ」に近い場所にあります。

特に「ディーラー倉庫」「ラグハウス」など1度に大量に仕入れることができる場所は「安定仕入れ」できる可能性が高い場所です。

しかし、古着の買い付けというのは行く度に買いつけるアイテムが変わってくるものです。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!メルマガ登録で、パスワードロックされている古着安定仕入れの考察無料で見ることができます♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

お金がいくらでもあれば別ですが、限られた日程の中で限られた資金だけで戦っていかなアカンのですからね。

[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。