古着屋起業、テナント物件を見る目を育てる。トイレ、ブレーカー編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

第17回レクチャー「テナントを借りてみよう。知らないと損するテナント契約時の注意点!」について。

今回はほぼ電気とブレーカーのお話です。理解しているとテナント物件の見方も少し変わってきますよ。

まず【工務店に頼んではダメ!】

建築業界というのはブラックボックス化していて一般の素人では全くよく分かりません。

まず壁の中がどうなっているか分からないし、天井の内部も想像もつきません。

ということは、もちろん材料の値段も分からないし、全体的にいくらかかるのか想像もできません。

 

 


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

ちょっと話しがずれてしまいましたが、物件の間取りやデザインだけでなく、後からお金がかかるのかどうなのかを見る目も養っていくことができれば、失敗することは少なくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。