かんたんに作成できるインボイスの書き方!アメリカ古着買い付け編!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回は、海外で古着、雑貨、家具などを仕入れて輸入する際に絶対に必要となる「インボイス」の書き方についてお話します!

インボイス

インボイスとは

「インボイス」とは輸入する商品を税関に申告する際に必要な書類で、「カスタムズ・インボイス」と呼ばれます。日本語では「仕入書」と呼ばれています。

あなたは海外に出て商品を買い付けて輸入しますよね。インボイスにはいろいろな種類がありますが、商業用の商品の場合、「コマーシャル・インボイス(Commercial Invoice)」を作成する必要があります。

難しく聞こえるかもしれませんが、古着や雑貨などの輸入業者が「インボイス」と言えば、「コマーシャル・インボイス」のことです。ここでは「コマーシャル」という言葉を覚えてください。

コマーシャル(Commercial )は「商業上の」という意味です。

インボイスの書き方

※ 当ページではシッピングカンパニー(海運会社)を通して通関することを前提として書いています。

わかりやすく言うと海外で買い付けた商品を海外のクロネコヤマトなどの支店に持って行って、日本まで送ってもらう、という一番オーソドックスな方法を使う人向けに書いています、ということです。

ボクが買い付けを始めた頃は手書きのインボイスで良かったんですが、数年前からワープロソフトで打ってプリントアウトしたものを提出しなければならならないと言われました。

買い付けに余計なモノを持って行かない主義のボクは海運会社に手書きのインボイスを商品とともに手渡して、海運会社でそれをパソコンで打ち出してもらうかわりに手数料を払う、というふうにしていました。

打ちなおしてもらうのは会社によって無料だったり、費用がかかったりします。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。