買い付けた古着、そのまま販売する?クリーニングやメンテナンスは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

「今回は買い付けた古着はそのまま販売するのか?」それとも「クリーニングやメンテナンスをしてから販売するのか?」という疑問に答えていきたいと思います。

実は古着屋さんには商品を「クリーニングしてから販売するお店」と「そうでないお店」の2種類があります。

当たり前のことを物々しく言ってしまいました。笑

よく古着屋さんって、お香の匂いがしますよね?

あれはなぜ焚いているかというと、お洒落な感じがする、という以前に古着に染み付いた匂いを分からなくするために焚いているのです。

そのようなお店は洗濯やクリーニングは行っていないので、そこで買った商品は一度洗濯してから着た方が衛生的にはいいと思います。

そして、商品をクリーニングして店頭に出すお店の理由も大きく分けると2つあります。

一つは、商品を清潔な状態にしてからお客さんに販売しようという理由です。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

接客に関しても、「洗濯」「シミ抜き」に詳しいと、「洋服屋」として信頼を得ることができます。

お客さんは、洋服屋なんだから洋服に詳しくて当然、と思っているので、その期待を裏切らないように、もしくはその期待の上をいくアドバイスができるようになりましょう!

今回は、買い付けた古着の洗濯についてお話しました。

赤ぎ塾的には、洗濯して、シミ抜きして、商品をきれいな状態にできる技術を取得して、それをお客さんに還元できるのもプロの仕事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。