FAQ 質問と答え

古着屋開業FAQ赤ぎ塾は古着買い付けのアテンドはしないのですか?

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

Question

古着の買い付け、特にアジアの買い付けでは買い付けに同行するサービスがあると聞きますが、赤ぎ塾では買い付けのアテンドサービスはないのですか?

Answer

ありません。なぜなら赤ぎ塾のモットーは「ひとり」で買い付けをして「ひとり」で古着屋を開業する力とノウハウを身に着けてもらう、というものです。アテンドを頼むとに便利に買い付けをすることができます。しかし、コストが掛かる上に、ディーラーとの交渉や輸入の手続きなどはアテンド会社任せなので、毎回アテンド会社を雇わないと買い付けできないという悪循環になってしまいます。

これではなかなか利益をとることはできません。アテンド会社側もいたせりつくせりのサービスで買い付けをサポートしてはくれますが、ずっと使ってもらえるように「プロのバイヤー」としてのノウハウは教えてくれずに会社側で代行して全てやってくれます。

赤ぎ塾はこれではいけないと思っています。「独り立ち」出来るようになるまでのノウハウを習得してもらって、すべてのことを「ひとり」でできるまで学んで、気が済むまで質問してもらうというのが赤ぎ塾が目指しているところです。

もちろん契約期間中に買い付けに出かけるのであれば、こちらから現地に向けてアドバイスすることもできます。

特にアメリカではアテンドや通訳などがいなくても、十分に一人で買い付けして輸入手続きができるようなプログラムになっています。

。しかし、タイの場合は使わなくても買い付けはできますが、アテンドを使うメリットもあります。英語があまり通じないし、看板などもタイ語でしかかいていない場合が多いので、慣れるまではアテンドを使うのもいいかもしれません。

タイでは、公共交通機関を使えばどこでも行くことができるので、アテンドを雇って知ったディーラーでビジネスカードをもらえば、そこに書いてある住所をタクシーの運転手などに見せて連れて行ってもらうことができるからです。

赤ぎ塾では基本的に「ひとり」で全てができるようにプログラムを組んでいます。タイ買い付け編では将来的に「ひとり」で動くことを見越してのアテンドの使い方なども紹介しています♪

 

アメリカ買い付けと古着屋開業を学ぶなら

タイ買い付けと古着屋開業を学ぶなら↓

FAQ古着屋開業&買い付けノウハウQ&A「利益率の高いアイテムは?」

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

Question 利益率の高いアイテムは何ですか?

Answer

利益率の高い商品は、基本的に古着の卸業者で仕入れてない商品です。基本的に古着自体がかなり利益率の高い商材なんですが、常識の範囲を逸脱するほどの利益率の高い商品を探すのなら古着の卸業者では見つかりません。

なぜなら卸業者は、正確に古着の価値を知っているので、それ相応の価格じゃないと売ってくれないからです。

ということは、利益率の高い低いはアイテムではなく、どこで仕入れるかが重要になってくるということです。

アメリカならスリフトストアやガレージセール、フリーマーケットで見つけた商品は格安です。100円で仕入れて1万円で売れた、なんてこともちょくちょくあります♪

フリマも終わりかけ撤収作業が始まりそうな時間帯が一番安く仕入れることができる可能性があります。フリマで店を出しているセラーは1度持ってきた商品をまた持って帰るぐらいなら安くても売ってしまいたいと考える人が多いからです。

セラーが売れると思って値段を崩さずに強気で陳列していたけど、予想に反して売れなかったビンテージなどの良いアイテムも激安で買う事ができるのもこの時間帯です。

しかし逆に「超いいもの」は価格が多少高くてもすぐに買われてしまうので、フリマは早めに行った方がいいですよ♪

よく安く買えて高く売れるアイテムなどを質問されますが、アイテムではなくて「時間」「場所」だということを分かっていると利益率の高い買い付けができます。

FAQ古着屋開業&買い付けノウハウQ&A「在庫の保管はどうするの?」

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

Question 古着屋の大量の商品や在庫はどのように保管、管理しているのですか?

Answer

古着屋にとって頭を抱えることの一つが「在庫をどうするか?」ということです。

新品の衣料と違って在庫がなくなればメーカーに注文する、なんてことはできません。商品全てを買い付けでまかないます。ということは、買い付けから帰ってきた時の在庫はマックスで、一番スペースに余裕のない状態から始めなければなりません。

ボクの場合は、家の使ってない部屋にぎゅーぎゅーにハンガーラック車輪が付いていて移動可能)を入れてカテゴリー別に保管していました。カビや虫などから守る為に除湿剤と防虫剤を使っていました。

在庫が多くなると、どうしても保管場所が必要になってきますよね。店舗があれば、店頭にかなりの量を出せるので、少しは楽なんですが、ネット販売となると全てが在庫ということになります。家賃を払って倉庫を借りている知人もいますが、それは売上がある程度出せるようになってからの方法で、最初はできるだけお金のかからない保管方法を見つける必要があります。ボクの知人の中には車の中が在庫だらけという人もいますよ笑。

どうしても無料の保管場所がない場合は、どこかの事務所の2階とか3階とかを探すとすごく安い金額で借りられることがあります。

ボクも1年ほどの間、2万円ほどの家賃のオフィスを借りて、倉庫兼ネット販売のスタジオ拠点として使っていたことがあります。在庫管理と撮影、販売、発送、顧客管理を全てそこで行っていました。

2階でエレベーターもない物件だったので、商品を持って上がるのが大変でしたが、ストックルーム(商品倉庫)としても使っていたのでとても便利でした。エアコンを付けてなかったので、夏場は扇風機でしのぎました、、、。笑

都会でも探せばへんぴな場所に激安のオフィスなんかがあると思います。そこを探すか、知り合いとシェアして家賃を折半するなどして安く上げる方法を考えましょう!

都会だとなかなか安い物件を見つけるのは大変だと思うので、1部屋多い物件に引っ越してそこに在庫を入れるのもアリかもしれませんね。