赤ぎ塾、塾生専用コンテンツ

大ピンチ!海外で飛行機が欠航したり乗り遅れた場合の現場対処法!


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回のレクチャーは海外、特にアメリカ国内で飛行機が急に欠航したり、あなたが飛行機に乗り遅れてしまった場合の対処法についてお話したいと思います。

飛行機が欠航

海外では急に国内線(Domestic Flight)が当日欠航になることはしばしば起こります。ボクの経験でいうとアメリカの国内線では「しばしば」というより「頻繁に」起こります。

ボクの経験を元に、あなたの乗るはずだったフライトが急にキャンセルされた時の対処法をレクチャーしますね。

ボク自身、日本から海外とか、海外から日本への国際便の欠航に出会ったことはありません。出発が遅れる、とかはけっこうありますが、欠航というのはありません。

しかし、国内線はバンバン欠航します。飛び立つまで信用したらアカンのちゃうかと思うほどです。機内に乗って自分の席で待っていると、いくら待っても飛び立たず、挙げ句の果てに「この便は欠航になりましたので、降りてください。」なんて言われたこともあります。

あなたも買い付けに出る際に、海外の国内線を乗り継いで目的地に行くこともあると思います。国際線は欠航させるとダメージが大きいので少々のことでは欠航させないらしいのですが、国内線は少々のことで欠航させてしまいます。

対処法

まず空港に早めに行ってチェックインします。この時点で飛行機が飛ぶことになっていたとしてもくつがえることがあるので、安心してはいけません。

ボディーチェックなどを済ませて自分の乗るフライトのゲートに向かいます。そこで、フライトスケジュールを確認して、自分のフライトが飛ぶ予定になっているかを確認してください。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

かんたんに作成できるインボイスの書き方!アメリカ古着買い付け編!


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回は、海外で古着、雑貨、家具などを仕入れて輸入する際に絶対に必要となる「インボイス」の書き方についてお話します!

インボイス

インボイスとは

「インボイス」とは輸入する商品を税関に申告する際に必要な書類で、「カスタムズ・インボイス」と呼ばれます。日本語では「仕入書」と呼ばれています。

あなたは海外に出て商品を買い付けて輸入しますよね。インボイスにはいろいろな種類がありますが、商業用の商品の場合、「コマーシャル・インボイス(Commercial Invoice)」を作成する必要があります。

難しく聞こえるかもしれませんが、古着や雑貨などの輸入業者が「インボイス」と言えば、「コマーシャル・インボイス」のことです。ここでは「コマーシャル」という言葉を覚えてください。

コマーシャル(Commercial )は「商業上の」という意味です。

インボイスの書き方

※ 当ページではシッピングカンパニー(海運会社)を通して通関することを前提として書いています。

わかりやすく言うと海外で買い付けた商品を海外のクロネコヤマトなどの支店に持って行って、日本まで送ってもらう、という一番オーソドックスな方法を使う人向けに書いています、ということです。

ボクが買い付けを始めた頃は手書きのインボイスで良かったんですが、数年前からワープロソフトで打ってプリントアウトしたものを提出しなければならならないと言われました。

買い付けに余計なモノを持って行かない主義のボクは海運会社に手書きのインボイスを商品とともに手渡して、海運会社でそれをパソコンで打ち出してもらうかわりに手数料を払う、というふうにしていました。

打ちなおしてもらうのは会社によって無料だったり、費用がかかったりします。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

必見!アメリカの治安の悪い場所の歩き方!態度、心構え、対処法!


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

以前のブログでも少し触れましたが、アメリカ買い付けで治安の悪いところを歩くときの心構えと対策について深くお話をしようと思います。

この以前のブログでは危険を回避する服装や気を付けることをまとめているので、あらかじめチェックしておいてください。

まず、治安が悪い地域と言っても、前回のブログで紹介したLAダウンタウンの特定の地域のような誰が見ても危険だという場所にはモチロン近づいてはいけません。

でも、安全そうに見える場所でも時間帯が変わると治安が悪くなったり、1ブロック進んだだけでまったく違う雰囲気に変わることもよくあることなので、あなたが危険な地域に入ってしまった時のことを想定してレクチャーします。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

 

無料でメディア掲載!古着屋開業直後の地元情報誌の賢い使い方!


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の「有料コンテンツに入ってます♪」編です!

有料コンテンツに登録いただけると、全ての記事を読むことができ、マル秘情報満載のコーチングも受けられます。

有料コンテンツの申し込みはサイドバーの「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店までおしえます!」か、スマホの方は下記リンクよりお申し込みいただけます♪ http://akagishoten.com/lp/akagi-juku

今回のレクチャーは、SHOPをオープンさせた後、無料でメディアに出る方法についてお話します♪

↓有料コンテンツのお申し込みで画像コンテンツもご覧いただけるようになります。

地方紙に掲載

あなたは、念願のSHOPをオープンさせました。オープンしたことをみんなに知らせたいですよね。そんな時にあなたの地元でよく読まれている地方紙に掲載をお願いしたいとします。

しかし、掲載料は安いところで10cm x 10cmほどの大きさの紙面に広告を載せるのに、雑誌によりますが、だいたい5万円を優に超えたりします。10万円を超えるのもザラだったりします。たまにキャンペーンなどで少し安い場合もありますが、相場を知らなければ見積もりを見てびっくりするでしょう。

広告と記事

でも、せっかく新しくSHOPをオープンしたのですから、メディアには載せたいですよね。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.



[submit"登録する"]