買い付け全般

現地に行かなくても古着を送ってもらえるの?古着屋開業海外買い付け

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

Question

海外まで行かなくても海外ディーラーが古着を送ってくれたりしますか?

Answer

実を言うと「喜んで」送ってくれます。しかし、全くオススメはしません。よっぽど現地のディーラーと仲良くなって信頼が置ける関係にならない限り、売れ残りでコンディションの悪いのを押しつけられます。

ほとんどが売り物にならないゴミ同然のものなので、売れる物だけ考えてもかなり割高な原価になります。ディーラーにとってはゴミ同然のものをノーリスクノーリターンで売れるおいしいビジネスです。

友人のお店では、激安の値段だったので12メートルのコンテナにパンパンに詰まった古着をアメリカから送って貰ったんですが、ほとんどがゴミのようなクオリティーの古着だったので、3分の1しか売れなかったと言っていました。残り物の処理がかなり大変だったそうです、、、。

ブランド指定で送って貰うという注文も受けてくれると思いますが、多分サイズや色が規格外で日本で売りにくいものが多いでしょう。料金は先払いで返品もきかないので、かなりもったいない買い物になってしまいます。

ディーラーは基本的に現地に買いに来る顔見知りで、大量のお金を使ってくれるバイヤーを一番大事にします。その次に現地に買いに来る一般のバイヤーです。海外から注文してくるお客に良い物を安く売ってくれるはずはありません。

「ベールを未開封で送る」ということを書いているディーラーもありますが、大体が開封してビンテージなど高値で売れるモノを抜いたあとに自社でベールし直して送ってくると思った方がいいです。

古着の世界には「楽に、安く、いいものを仕入れる」という方程式は存在しません。

絶対に自分で買い付けに行ったほうが良い物も取れるし、安いですよ。

 

買い付けのノウハウは赤ぎ塾がお教えします♪

今古着が熱い!古着屋開業のチャンスです!まずはネット販売から♪

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

こんにちは!

このところ、「古着」がすごく熱くなってきていますよね!それにともなって、古着屋さんになりたいと考える人も増えています。

この間、地元の古着屋さんが集まるイベントに参加してきました。そこには10代20代のお洒落大好きな人たちが大勢来てくれました!田舎の小さなイベントにここまで多くの人が来てくれるんだと感動しました!

これからも古着の楽しさをたくさんの人に知って貰うように頑張ろうと思いました。

しかし、古着屋さんになるために何をどのように始めたらいいのか分からない人も多いんじゃないでしょうか?

いきなり店舗を借りて経営する、というのはハードルが高いと思いますが、副業でネット販売から始めるのなら始めやすいんじゃないでしょうか?

国内には古着の卸業者もありますが、国内買い付けをするのには古物商許可証が必要となってきます。

しかし、海外で古着を仕入れる場合は古物商許可証は取得する必要はありません。

海外買い付けで有名なのはアメリカかタイです。アメリカはレンタカーを借りて買い付けしなくてはならないのに対し、タイ買い付けは公共交通機関を使って買い付けすることができます。

店舗を持って大量に仕入れるような場合はアメリカで大量買い付けする方が良いと思いますが、個人の副業ならタイ買い付けがオススメです!

タイ買い付けのノウハウを学べるコースを新たに作りました!

まずは無料でメルマガを登録して、赤ぎ塾のレクチャーを体験してみてくださいね♪

メルマガ登録は上記フォームから行えます♪

大量に古着を仕入れるには?買い付けはアメリカ?タイ?国内卸?

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

前回のブログから古着の大量購入についてお話しています。

今回はどこで「ピック」するの?というお話です。

「ベール買い」はおすすめしません、ということは前回のブログでお話しましたよね。

では大量に洋服を短期間で仕入れる方法にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

商品のクオリティを下げずに仕入れる為に「ピック」での買い付けに限ります。

※ 赤ぎ塾で扱う「古着=アメリカ古着」を表します。

大きく分けて3つの選択肢があります。

1 国内の古着卸業者で仕入れる

2 アメリカで直接仕入れ

3 タイで直接仕入れ

です。

1、 国内の卸業者

国内の卸業者さんはGoogleなどで検索すると出てきます。卸値段はだいたい3倍して店頭での値段をつける設定にしているところが多いです。

メリット

・国内なので宿泊費や航空運賃など高額の諸経費がいらないこと。

・気軽に何度も足を運ぶことができること。

デメリット

・卸業者近くの古着屋さんが日常的にピックに行っているので、良い商品を見つけるのがタイミング任せ。

・海外買い付けのように超激安で売られているものがない。

2 アメリカ買い付け

アメリカ買い付けは一言で言うのは難しいですが、大量に買わないと航空チケット代や宿泊費、送料、関税などがかかってくる分に見合うことができません。

しかし、スリフトやガレージセール、フリマ、ウェアハウスなど超激安でピックできる環境が多いので、トータルすると1週間から2週間の滞在で国内卸業者さんの単価より安く買うことができます。

メリット

・洋服だけではなく雑貨や家具、自転車など全てのものを激安で売っている場所がたくさんある。

・日本で価値のあるモノをタダ同然で見つけることがザラにある。

・「アメリカ古着」のことを考えると、古着が出てくる「本場」なのでどこよりも種類やボリュームが豊富。

デメリット

・車移動がメインになるので、左ハンドル右側通行や英語、など初めの敷居が高い。

・移動距離が長い。

※ ちなみに、その敷居を低くできるのが「赤ぎ塾」なのです!笑

3、 タイ買い付け

タイはアメリカに比べると敷居は低いです。言葉が通じないのは同じですが、現地の人はアジア顔だし、仏教国なので善悪のニュアンスが日本人と近いです。移動はタクシーやモノレール、電車など公共交通機関で行うことが多いこともあって、移動中のストレスがアメリカに比べると少ないのも魅力です。しっかりしていないとボラれる可能性は高いですが、命の危険はアメリカに比べると少ないですから。古着ディーラーもいるので大量買い付けができるのも大きな点です。

メリット

・アメリカ古着が買える。ビンテージなども混ざっていることもある。

・アメリカのスリフト価格ほど激安ではないが、フリマ価格と同じか安い価格で買える。

・経費がアメリカ買い付けよりも安い。

デメリット

・バンコクのフリマなどで買う場合は、業者側でピックが行われてから運ばれてくるので、アイテムに限りがある。

・公共交通機関に乗っていないときは、ずっと灼熱の中を徒歩で買い付けに回らなければいけないので体力勝負になる。

・コピー品が多いので、目利きができない場合はコピー品を買ってしまう怖れがある。

※ ちなみに、コピー品を見分けるコツを学べるもの「赤ぎ塾」なのです!笑

まとめ

このように3つの買い付け場所には一長一短あります。業者によっても全然違う商品を持っています。大量に良い商品を仕入れたいというのは全てのバイヤーが願うことですが、「結果」ばかり追わずに「課程」を楽しんで、失敗したことをバネに次に繋げていくことが大事です。

その中でバイヤーとしての「経験」、「方法論」、「人脈」などを積んで行くことで、いつ行っても良い商品を大量に仕入れてこられるようになっていくのです。

初心者が始めるには少しハードルが高い業種であるのは否めません。でも始めに勇気を持って飛び込むことができれば、その後は楽しいことが多い業種です。

赤ぎ塾はそのお手伝いをしたいと思っています♪

安易なベール買いは危険!古着の買付け、大量に洋服を仕入れるには?

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回から数回に渡って大量に洋服を仕入れる買い付けのスタイルについてお話したいと思います。大量購入と聞くと、「ベール買い」を思い浮かべる方も多いと思います。

でも、赤ぎ塾では「ベール買い」は奨励していません。なぜおススメしないのかという理由をこれからお話しますね。

その前に「ベール買い」というのを知らない方もいらっしゃると思いますので少し説明します。

古着業界で言うところの「ベール」とは大量の古着を圧縮パックしたものです↓

参照 https://global.rakuten.com/en/store/hause/item/1499391/

ベールは、枚数で売るのではなく固まりを重さで販売するので1枚に対する価格がかなり安いのが特徴です。

「安さ」こそがベール買いのメリットでもあります。安いのはいいことなのですが、ベールというのはどのようなクオリティのものが入っているのか開けてみないと分からないというデメリットがあります。

そのため、売り物にならない洋服を在庫に持ってしまう「ロス率」が高いのも問題です。

ベールとは対照に商品を手に取って一つづつ仕入れることを「ピック」、「ピックする」といいます。

古着の卸業者では日本でもアメリカでもタイでも1点1点ピック売りと並行してベールで販売をしているところがほとんどです。

しかし、卸業者はまず自社用にベールで仕入れて、一度開封し、現金に変えられるクオリティーの商品だけ抜いてまた残りを自社でベールにして販売する、ということをしているところもあります。

もちろん「未開封」のベールを「売り」にしている業者もあります。しかし、「未開封」だからと言っていい商品がはいっているかどうかは全くの「運」まかせになります。

「ベール」で買う、ということ自体が「内容に対して何が入っていようとも文句はいいません。」というのが暗黙の了解になっています。

なので、買った「ベール」が運悪くほとんどが「ロス」になったとしても、返品はできません。安く買っている分リスクが伴うということです。

しかも内容物に関しては卸業者側のさじ加減でどうにでもなるので、いいものが入っている確率はかなり少ないです。

なぜなら業者の倉庫では古着屋のバイヤーがピックしに来ているし、業者の従業員がオーダーを受けてピックして送るというサービスをしているところも多いのです。

業者で働いていた知人の話によると、オーダーを受けた場合、いいモノ1割、普通のモノ4割、ロスにしかならないレベルのもの5割、と会社で決めて発送していたと聞きました。

いい商品というのは数が少ないので仕方ないかもしれませんが、半分がロスになるのなら2倍の値段で仕入れたのと同じです。

古着屋さんから受けたオーダーにはある程度の責任が伴いますが、ベールは自己責任なので余ったロスの塊が送られてくる可能性はかなり高いということです。

これが、赤ぎ塾が「ベール買い」を推奨しない理由です。

このブログを見てくれている方は、個人で古着屋開業を目指している方が多いと思います。

赤ぎ塾は「自分のお店の商品は自信をもってお客さんに届けたい」と考える方のお手伝いをしたいと思っています。

国内の卸業者を利用する場合でも、商品の仕入れにはピックをおススメしています!

 

 

アメリカ、治安の悪い所、良い所見分け方!「赤ぎ塾」塾生専用。


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回は「アメリカ、治安の悪い所、良い所見分け方!」をさらに詳しく補足説明いたします!

アメリカの治安を語るに当たって「人種」について理解してもらう必要があります。

「人種」問題というのは、「差別」のイメージが付きまとうので触れにくいテーマではありますが、ボク達日本人が想像するよりずっとアメリカは人種差別が根強く残る国です。

ボク自身は人種で貴賤があるとは思っていませんが、アメリカでは人種によって職業の壁があり、それによって貧しい人種というのができてきました。

貧しい人たちは生活の為に犯罪を犯すこともありますし、環境のために教育を受けられなくて犯罪に手を染める場合もあります。

西海岸や東海岸の都市部は人種が入り乱れているので、表だった差別を目にすることはありませんが、きつくて賃金の安い仕事はやはり有色人種が請け負っている場合が多いです。

そのようにアメリカの「人種差別」意識から貧富の差が起こり、有色人種(特に黒人種やヒスパニックなど)の地域は治安が悪くなっている傾向にあります。

アメリカ中部に行くと有色人種のいない白人種だけの街などがあります。

そこでも貧富の差があり、貧困層が集まって暮らす地域の治安は良くない場合があります。

このように「治安」の良し悪しを左右するのは「貧富の差」が大きく影響していると理解してください。

ではテキストの「 初心者でも見分けられる!アメリカ、治安の悪い所、良い所!」で挙げた例をさらに詳しく説明していきたいと思います。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

これらを押さえておけば、かなり見極めができるんじゃないかと思います。買い付け中にこれらの条件に照らし合わせて、すぐ立ち去るべきか、買い付け可能なのかを判断するようにしてください。

無理はしないようにしてくださいね。

海外古着仕入れの輸入禁止物!ファイヤーキング、おもちゃなど!塾生専用


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


今回のレクチャーは「輸入できないもの」です。

まず「輸入できないもの」を決める税関のホームページを見てみましょう。

1  麻薬及び向精神薬、大麻、あへん及びけしがら並びに覚醒剤(覚せい剤原料を含む。)並びにあへん吸煙具
2  指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
3  拳銃、小銃、機関銃及び砲並びにこれらの銃砲弾並びに拳銃部品
4  爆発物
5  火薬類
6   化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
7  感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
8  貨幣、紙幣若しくは銀行券、印紙若しくは郵便切手(郵便切手以外の郵便料金を表す証票を含む。)又は有価証券の偽造品、変造品及び模造品並びに偽造カード(生カードを含む。)
9  公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
10  児童ポルノ
11  特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
12  不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為(これらの号に掲げる不正競争の区分に応じて同法第19条第1項第1号から第5号まで、第7号又は第8号に定める行為を除く。)を組成する物品
    税関ホームページより
    上記の表を見ると、特にボクら古着屋に関係するのは7番と11番です。
    ところで、ファイヤーキングのマグや食器は好きですか?

Addicted to the green #fireking #jadeite #dhandlemug #restaurantware #chandlemug #milkglass #vintage #ファイヤーキング #ジェダイ #レストランウェア #cハンドル #ビンテージ

    古いおもちゃなどはどうですか?

image 0

実は、ユーズドの食器や6歳以下用の玩具は全て輸入禁止なんです!

それは人が口に付けた可能性があるので「感染症の予防」として輸入が禁止されているんですね。

知らずに輸入して見つかった場合は、没収されて破棄処分されます。

もちろん破棄処分代金も負担さされてしまいます。

でも、たくさんの輸入古着屋さんや雑貨屋さんはが店頭にこれらを並べて売っていますよね。

どうなっているんでしょうか?

そのカラクリをこれから説明しますね。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

でもトラブルの内ないようにこのことは知っておいてくださいね。

あとは明らかに違法なドラッグ、ポルノ、銃、動物、植物、コピー商品などをしいれなければ問題ありません。

テキストにも書きましたが、気を付けなければいけないのが麦わらです。

麦わら帽子(ストローハット)も編み込みのバッグなども「商品」としての輸入は禁止です。

個人の買い物やお土産としては大丈夫、という変な決まりです。

なので、10個ぐらいまでで、しかも同じデザインばっかりじゃなければ、個人のお土産として輸入することはできるかもしれません。

そしてストローハットのような微妙な商品はアメリカから発送する荷物には入れずに飛行機に預ける手荷物に入れましょう。

↑これ重要です。

発送する荷物に入れて、税関で引っかかった場合、すべての荷物がそこでストップして検査や破棄処分が終わるまで、輸入されません。

それはお店的には最悪のことなので、微妙かな、と思うものは手荷物に入れましょう。

輸入に関して分からないことや疑問に感じることがあれば連絡してくださいね♪

赤ぎ塾塾生専用。アメリカ古着買い付けでインボイスの書き方、上級編。

★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

必要なのは最低限の英語だけ!中学英語で古着買い付け英会話♪part2

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪  

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の買い付け英会話編です!  

買い付け英語 Buyer’s English パート2

ウェアハウス・モーテル・レストラン・危険回避    

買い付け英語パート1「空港・入国審査・税関・スリフト編」は下記リンクよりご覧ください♪

必要なのは最低限の英語だけ!中学英語で古着買い付け英会話♪part1

 例文は文章で書いていますが、この単語だけ答えれば大丈夫!という単語を特に大きな文字で書いてあります。

ウェアハウス

卸業者を見つける方法はいろいろありますが、まず安心な方法としてはRose Bowlなどの大きなフリーマーケットに行って、ウェアハウスやラグハウスを持っているセラー(フリマに店を出している業者)を探します。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!メルマガ登録で、パスワードロックされている「ディーラーとの交渉術」交渉英会話の紹介とオリジナル動画レクチャーを無料で見ることができます♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

危険回避

スリフトなどで不審者に付けられたりした場合に店員さんに助けを求める言い方です。危険な地域での態度や対処法については下記リンク先に詳しく載せてありますので確認してください。

スリフト内などで明らかにターゲットとして狙われたら、レジの人などに助けを求めましょう。

● That guy is following me.  

ザット ガイ イズ フォローイング ミー

あの男が私を付けています。

● Can you walk me to my car? 

キャンユー ウォーク ミー トゥー マイ カー?

車まで付いてきてもらえませんか?

独りでいるより複数でいる方がグッと襲われるリスクは減ります。しかもスリフトの従業員に車まで付いてきてもらうことができたらかなり安全です。

アメリカではスーパーにせよ、ホームセンターにせよ、荷物が多いと車までスタッフが持ってきてくれるのは普通なので、気後れすることなくお願いしてみましょう。

下記リンクには治安の悪い場所に入ってしまった時の心構えや対処法が書いてあります。買い付けに行く前には必ずチェックしておいてくださいね♪

必見!アメリカの治安の悪い場所の歩き方!態度、心構え、対処法!

 

[submit"登録する"]

必要なのは最低限の英語だけ!中学英語で古着買い付け英会話♪part1

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪  

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の買い付け英会話編です!

買い付け英会話 Buyer’s English パート1

空港・入国審査・税関・スリフト

海外買い付けで必要なのはやっぱり「英語」です。「英語」が苦手という人は多いですよね。しかし、一般的に英語語を日常会話程度話せるようになるには2000単語ほど必要だと言われています。

では中学校卒業までに私たちが覚える単語はどのぐらいでしょう?

何と1500単語ほど!中学英語で日常会話できる4分の3は習っているということになります。

高校に進学するとさらに2000語を学びます。でもまぁ全部の単語を覚えているわけでもないと考えても日常会話のハードル、「2000語」は優に超えています。

にもかかわらず英語を話せる人は少ないですよね?

それは日本の英語教育が「文法」を重視した教え方をしているからです。

だから英文を作る際に、わざわざ「主語」の次は「動詞」が来て、でも過去やから「過去形」にして次に「目的語」をつけて、、、みたいに考えてしまうわけです。

しかも日本人の感覚では「英語」「学問」です。「学問」である以上、採点、評価されたトラウマを抱えている人も多いのです。

しかし、人間同士の「会話」「学問」ではありません。通じたらいいんです。どんな手を使っても通じたらいいんです。

ボクらは海外にいくと「外国人」なので、正しい文法の英語を話す必要もないし、向こうもそれを望んでいないので採点されることも評価されることもありません

「単語」でしゃべっていいんです。しかも必要な単語はもうあなたの頭の中に入っています。

それが分かるとかなり気持ちがになります。では始めて行きましょう♪

 例文は文章で書いていますが、この単語だけ答えれば大丈夫!という単語を特に大きな文字で書いてあります。

空港

海外買い付けに行くにあたって、まず英語が必要なシチュエーションは

「入国審査(Immigration)」「税関(Customs)」です。

 入国審査 IMMIGRATION


ロサンゼルスに何日いる予定ですか?

How many days are you staying in Los Angels?

ハウメニーデイズ アーユー ステイング イン ロサンジェルス?

How long are you staying in Los Angels?

ハウロング アーユー ステイング イン ロサンジェルス?

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!メルマガ登録で、パスワードロックされている「空港で知っておきたい英会話」の紹介とオリジナル動画レクチャーを無料で見ることができます♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

その時はスマホか時計を見て、

OH! I have to go! オー、アイ ハフトゥ ゴー! うわっ!もう行かなきゃ!

Sorry! ソーリー ごめんなさい

I will be back soon.アイル ビー バック スーン。また近いうちに来るね。

と言って帰りましょう笑。でもこうでもしないと延々とずっと買うまで商品を薦めてくる人もいますからね。

今回はここまでです♪

次回は、、、

ウェアハウス

・モーテル

・レストラン

・危険回避

での「買い付け英会話 Buyer’s English」をお送りします♪

お楽しみに~♪

下記は今回まとめた「買い付け英会話 Buyer’s English」の詳細ページです。英語を使うシチュエーションとその時に必要な豆知識が盛りだくさんです♪

海外の空港での英会話、よく使う表現。知らないと乗り遅れる場合も!

海外の空港で使われる英単語、専門用語。知らないと乗り遅れる場合も!

アメリカの個人経営スリフトストアでの買い付け、交渉術。後編!

 

[submit"登録する"]

アメリカ・タイ古着仕入れ荷造り発送編!節約パッキングテクニック!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の買い付け全般編です!

海外買い付けに行った際に、ボクが一番嫌いなことは荷造りインボイスを書くことです。最終的な数などは箱に詰めながら数えるので、嫌いな作業を2つ同時に行います。

数週間も買い付けの旅に出ていると、初めの頃仕入れた商品のことは忘れているので笑、新たな出会いを楽しむこともできます。

しかし、引っ越しの際に畳の下に敷いてある新聞をのんびりと見て過去に思いを馳せているような、のんきな気持ちでは次の日の朝までにパッキングは終わりません!

ボクの昔のブログでもパッキングへの嫌悪感をぶちまけておりますので笑、よかったらごらんください♪

莫大な量の衣類と雑貨と家具を決まった形の箱にうまい具合に詰めて、しかも雑な扱いで日本まで空輸させる際中も壊れることがないように、パズルのようにきっちりと入れなければなりません。

しかも「インボイス」を書かないといけないので、Tシャツが何枚で、コットン100%でメイドインどこそこで、とか数えるだけじゃなくて分析して記入しなければならないのです!

しかもこのうんざりするような作業はノーギャラです、、、。

ボクは買い付けのほぼすべての工程が大好きでしたが、パッキングだけは結局楽しむことができませんでした。スタッフと一緒にパッキングしたときだけはそこそこ楽しかったけど、、、。

しかし、そんなことを言っても、「輸入」ということに関しては一番重要かもしれない作業です。

無事に「通関」させなければ、頑張って集めた商品をお客さんに届けることもできないし、お金も入ってきません。インボイスが実際の荷物と食い違えば調査のためになかなか返してもらえなかったりします。

なので、「インボイス」はきっちりと、最低でも「数」はぴったり合わせておかないと面倒なことになります。

しかも適当にいれると、中身が壊れてしまうこともあるので、割れ物はかなり厳重にくるまなければなりません。

海外にも箱や緩衝材などを売っているお店はありますが、箱やテープは日本よりだいぶ値段が高いので、なるべく緩衝材などを使わずに商品同士を組み合わせて荷造りすることで、箱の数を増やさないようにしましょう。

今から話すテクニックはボクの様に古着をメインに雑貨、家具をサブとして仕入れている、と仮定してお話しますね。

パッキング

◆テクニック1

まず割れ物はTシャツやバンダナなどで個別に包装する

テクニック2

テクニック1で個別包装した割れ物をアンティークのトランクや、スツールの足の間など「シェルター」になるモノの中に入れる。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

スリフトだとビンテージのブランケットやレザートランクなど、商品にも緩衝材にもなるものが安く売っています。

いかがでしょうか?自分のパッキングのやり方というのは失敗して初めて改善されるものです。ボクは性格が雑というのもあってファイヤーキングのセットを割ったことも、段ボールのうち何箱かが破れて中身が出てしまっこともあります、、、。

うえのテクニックを参考に頑丈で無駄のないパッキングを心がけてくださいね♪

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]