コラム・Buyer's Column

質問です!古着屋さんでリメイクしてもいい古着とダメな古着って!?

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!

今日は古着屋さんでよく見かけるリメイク品についてお話したいと思います。

タイなどアジアの買い付けでも気を付けるべき内容ですので、リメイクしない、という方も読んでみてくださいね。

古着屋を営んでいる方の中にはミシンを使える人が多いです。

もともとアパレルや古着業界で勤めていて裾上げなどの必要からミシン使える人が多いんですね。

そうなると、売れ残った古着やビンテージの生地などを買い付けてきた場合に、リメイクして新たな商品として売るお店もけっこうあります。

そのお店が仕入れたものはそのお店の所有物になったのだから、どうリメイクしてもどうカスタムしても大丈夫な気がしますよね。

 

メリケンアジアン!

 

キャラクターやブランドに版権があるのは皆さんご存じだとは思います。

でも、生地にも実は版権が存在するものがあります。

例えば柄を見たらすぐに分かる、マリメッコ、リサ・ラーソン、ソレイアードなどもそうですし、ディズニーやワーナーなどのキャラクターもそうです。

なので、アメリカでよく見つけることのできるキャラクターシーツは。そのまま中古のシーツとしてなら販売は可能ですが、それをリメイクして売ることはルール違反となります。

ボクの知り合いのお店で5~6店舗展開しているところが、キャラクターシーツを大量に仕入れてリメイクブランドみたいにして販売していました。

しばらくは調子よく売れていたのですが、噂によるとディズニーから直々に抗議があって、賠償金の話まで出たそうです。

でもすぐにキャラクターものの販売を取りやめて事なきを得たようですが、ディズニーはそういうのすごく厳しいらしいですからね。

しかもディズニーなどのシーツで何十年も前のビンテージなら大丈夫と思うかもしれません。

しかし、キャラクターは古い顔をしていても商標登録してあるのが多いので、商用利用することはできません。

もちろん、誰かが作ったリメイクを仕入れて販売することもできません。

最悪な場合「知的財産権の侵害」として損害賠償を請求されることも考えられますので、気を付けてくださいね。

でもぱっと見でブランドが判別できないものに関してはそこまで気を遣う必要はないと思いますが、、。

 

海外でトラブル発生!貴重品盗難や紛失時のポリスレポート作成方法!

アメリカで古着買い付け中にパスポートやスマホ、クレジットカードを紛失してしまったり、盗難に遭ってしまったりした場合に、「ポリスレポート」というものが必要になってくる場合があります。その「ポリスレポート」についてお話します。

~本文へ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回は、海外に買い付けに出ている際に、もし貴重品、例えばパスポート、国際免許、スマホ、財布、クレジットカードなどが盗難に遭ったり、紛失してしまった時に「ポリスレポート」が必要になってくる事があります。

その「ポリスレポート」についてのお話です。

その前に、貴重品の紛失については下記ブログをご覧ください♪

 「海外紛失・盗難時の対処法!パスポート,携帯・スマホ,クレジットカード

ポリスレポートとは

ポリスレポートとは何かというと、自分の被害状況を警察に伝えたものを、警察官が文章化したものです。平たく言うと「警察への被害届け」ですね。

これがあることで、被害や損害を証明することができます。

ポリスレポートはどこで手に入れる?

「ポリスレポート」は警察署やツーリストポリスによって書いて貰うことができます。

その際パスポートが必要になりますが、パスポートを紛失、もしくは盗難された場合ににもポリスレポートは必要です。

この際に、被害を写したスマホの画像があると大変役立ちます。

スマホも紛失している場合は、さらに大変な状況になりますので、スマホは肌身離さず持つようにしましょう。

ポリスレポートが必要な場合

海外保険に届ける際や、パスポートを紛失して再発行する場合にはポリスレポートが必要になります。

そのほか、事故や車上荒らし、などにもポリスレポートが必要となってきます。

ポリスレポートを書いて貰わないと保険が降りず、レンタカーのダメージなども請求されることもあるので注意してください。

ポリスレポートを貰う前にすること

ポリスレポートを貰うよりも先にすべきことは、クレジットカードの紛失や盗難の際はまずカード会社に電話してカードを止めてもらいましょう。

盗難されたカードが使用されると、多大な請求をされることもあります。

携帯、スマホの使用される可能性があるので、できるだけ早く回線を止める必要があります。

 

古着の海外買い付け中のバイヤーの服装は?持ち物は?心構えは?

アメリカで古着買い付け中に犯罪のターゲットにならない服装、持ち物、心構えとは?4年間のカリフォルニア居住経験と16年間の古着屋経営の経験からターゲットになりにくいノウハウをお教えします♪

~本文へ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回は「必読!海外古着仕入れ中の危機管理。命に係わる心構えと実践方法!」の補足として、海外買い付け中のバイヤーの服装、持ち物。心構えについてお話したいと思います。

アメリカ買い付けに行っているバイヤーさんの中には、すごくお洒落にしている人もけっこういます。

ボクなんか信じられないですが、1日に十数キロは炎天下の下を歩けなければならない、ローズボウルでもレッドウィングのエンジニアやロガーを履いていたり、女の人ならヒールの高いパンプスなどを履いて買い付けしている姿を見ます。

もちろん、みんなファッションや洋服が大好きな人が集まるのでできるだけお洒落な服装でいたいと言う気持ちは分かります。

でも靴と服をある程度考えていかないと、ファッションのせいでしなくてもいい疲労をしてしまう場合があります。

それはローズボウルなどのお洒落な人が集まる場所では成立しますが、街のスリフトを回る際にはやはり危険だと言えます。

フリマとかイベントは賑やかで華々しい雰囲気なので、ある程度お洒落をしていても大丈夫です。

買い付け中の洋服を考える際に、突然「全力疾走」できる服装かどうかを考えてください。

意外とそこは重要です。

それで、トラブルを避けられる可能性が上がります。

そしてお洒落すぎず、こだわりすぎず、「その辺に住んでいて、ちょっと買い物にふらっと出てきました」感(笑)が出ていないとダメです。

もちろん「手ぶら」で、パスポート、国際免許、カード類、お金、スマホは全部ズボンかジャケットに入れておきます。

バッグはできるだけ持たないようにしましょう!

しかも、「その辺に住んでいて、ちょっと買い物にふらっと出てきました」感は態度でも示さなければなりません。

自信満々で堂々とした態度を見せながら歩きましょう。

安全な地域(住人と目が合うと口角を上げてほほえんでくれる人が多い)では気にする必要はありません。

むしろ笑顔を返して海外滞在中の不安な気持ちを温めてください♪笑

でもそうじゃない地域では、基本的に真顔か少し眉に力を入れて目が合ったら少しにらんで目をそらす感じでいてください。サングラスをするのも良いと思います。

「弱気に見える」というのが何よりもダメなんです。

もし英語が苦手で気が引けているとしても、「はぁ?この私の英語が聞き取れないの!?」という態度を表していれば「弱気に見える」ことはありません。

もちろん、安全かどうか分からない地域での「愛想笑い」は厳禁です!

アメリカ人は「自信」を見せるのが普通の国民性で、初めましてでも「Hi!」と手をさしのべてきて余裕を見せてきます。

日本人は全く逆で、自分を謙遜して小さい存在だと見せることで、相手を敬います。この体に染みこんだ「謙遜」「空気を読む」ことを無くしてください。

アメリカ人には「弱気」に見えてしまいます。

人を襲ったりお金を取ったりする悪い人も、もちろん自分は無傷で安全にお金をゲットしたいはずです。

なので、たとえ体格が小さくても気が強そうで大声を出されたり、反撃してくるような雰囲気のある人はターゲットから外されます。

アメリカでは必要以上に「自信」を見せていくことが自分の身を守ることにつながります。

古着屋でのお客さんの「層」を考察します。昔と現状は全然違う!?


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

今回は古着屋さんでのお客さんの層「客層」について考えてみたいと思います。

1990年代ぐらいまでは、古着屋のスタッフというとビンテージの知識が豊富で、その知識を武器に接客していたようなイメージがあります。

お客さんの方も知識のない新人スタッフのことは少し下に見ていたような気がします。笑

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

もちろん、お店のコンセプトやスタイルを貫くことはとても大事ことです。

贔屓にしてくれる常連さんを大事にしながら、このように新しい客層にどのようにアピールしていけるのか、その新しいアピールを既存の常連さんにどのように理解してもらい、面白いと思ってもらえるのかを絶えず考えて、試行錯誤をしてくことがとても重要です。

これは古着屋だけじゃなく全ての「あきない」に言えることではありますが、、、。

でも「古着屋」という職業は他の業種に比べてワールドワイドでクリエイティブなので笑、いろんなおもしろい挑戦をし続けることが存在意義でもあるんじゃないかと思います。

古着「ディーラー検索ぺーじ」Dust Magnet Clubさん紹介♪

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

本日は赤ぎ塾のディーラー検索サービスD.M.Y」を利用していただきました「Dust Magnet Club」さんがお洒落なネットショップをオープンされたので、ご紹介します!

↓ロゴをクリック♪

 

古着とアンティークの「DUST MAGNET CLUB」

「T-shirt/Tシャツ」コーナーもすごくいいセレクションだと思いますが、ボク個人的には「Collectibles/コレクティブル」と「Midcentury・OldSculpture/置き物」のセレクトセンスが抜群にかっこいいと思います!

売れちゃうとリンクが繋がらないかもしれませんが、気になったのを紹介しますね!

サイコセラミックスとかも長い間探したんですけど、結局こんなにいいコンディションのものには出会うことができませんでしたね、、、。最高にかわいいですね~♪

そしてこのメッセージドール!

色付きのメッセージドールはたま~に見ますが、こんなに真っ赤っていうのはあまり見たことがありません!

ヒゲのステンシルの雰囲気を見ているだけでちょっとキュンとしてしまいます。笑

まだアップされてないカテゴリーもありますが、これからどんどんと買い付けてきたばかりの商品がアップされてくるので要注意ですよ♪

ところで、この記事の最初に「D.M.Y」の話をしました。

いったい「D.M.Y」とは何かというと、

Dディーラーさんを探して、Mメールでやりとりして、Y予約まで翻訳代行してしまうサービス、

略して「D.M.Y」ということなんですね。笑

右のサイドバーかこの下の↓をクリックすると「D.M.Y」ページが出てきます。

D.M.Y」とか言いながらクリックするアイコンに「D.M.Y」の文字を入れていないのは、かなり勢いで名前を付けてしまったので、少し恥ずかしかったんですね。笑

クリックするほど興味のある人にしか見せない、という見せたいような、見られたくないような乙女心です。笑

まぁ、そんなことはどうでもいいですが。

Dust Magnet Clubさんはホームページの無料メルマガの参加してくれて、メールで連絡をくれました。

ネットショップ立ち上げの為に古着をテキサスに買い付けにいくので、ディーラーを探して予約し、メールのやり取りを翻訳してほしいとご依頼をいただきました!

テキサスのディーラーとの取引はしたことがなかったのですが、探すと思ったより数はあったのでとりあえず連絡をとってどんな感じなのか、質問をぶつけてみました。

日本の感覚では例えば10の業者にメールをすれば遅くても2~3日後には10の返信が返ってきますよね。

しかしテキサスでは、帰ってきたのはたった2つ。しかもボクが送った質問には何ひとつ答えてくれません。笑

ボクは箇条書きで質問したのですが、それらがまるで初めから書かれていないかのような返信の内容に、逆に面白くなってきました。

一応こちらはお客さんです。

こちらとしては、どんなカテゴリーの商品が、どのぐらいの値段なのか、こちらが探しているアイテムは持っているのか、ということを教えてもらわないと、行っても時間の無駄に終わってしまう可能性があるので、予約取れないですよね。

そこから毎日のように返信のないディーラーにメールを送ったり、メールよりラインの方で連絡してくれというディーラーにラインを送ったりしましたが、返信はなくラインも1回既読スルーがあったあとは既読にもなりませんでした。笑

でも結局何とか予約が取れたのでホッと胸をなでおろしました。

近況報告したり、ディーラーからのメールを翻訳して送ったり、かなりのメールのやり取りをさせていただきました!

リアルタイムで現地の話を聞いていると、ボクもテキサスに買い付けに行っているみたいな気持ちになって楽しかったです。

無事、Dust Magnet Clubさんが帰国されたのを聞いて商品がアップされるのを楽しみにしていると、ボクの家に小包が届きました。

何とテキサスからわざわざお土産を買ってくれて帰国して東京から送ってくれたのでした!

お互いにメールのやり取りしかしていないので、直接顔も合わせたことない、声も聞いたことのない関係なのにお土産を買ってしかもわざわざ送っていただいたことに感動しました。

ビーフジャーキーはけっこう息子に取られましたが、久々にすごくおいしかったです!

ここでは紹介できませんが、丁寧なお手紙もいただきました!

 

長く古着屋をしていると、よく「古着屋は人柄だ」と言う人に会いました。

出会う人を大切にできる人が、人を呼んで繁盛するお店を作ることができる、とボクは信じています。

 

Dust Magnet Clubさんの様に、店主が直接海外に買い付けに行く古着屋さんでは、店主の趣味や考え、哲学、センスなどが商品構成から店の雰囲気すべてに反映されます。

そこが買い取りの古着屋さんとは全く違うところなんです。

商品の1点1点の仕入れに神経を研ぎ澄ませて、リスクを負って買っているんです。

ネットショップであれば、そのサイト自身が店主の表現方法であり、アートであるわけなんです!

ちょっと、熱くなってしまいましたが笑、そんなDust Magnet Clubさんのアートともいうべきサイトを是非チェックしてみてください!

古着とアンティークの「DUST MAGNET CLUB」

Dust Magnet Clubさんのインスタはこちらです♪

 

このようにDディーラーさんを探して、Mメールでやりとりして、Y予約まで翻訳代行してしまうサービス、略してD.M.Y」はディーラーさんを探して、メールでやりとりして、予約まで翻訳代行してしまうサービスなのです!

えっと、まぁ内容は読んで字のごとしなんですが♪笑

詳しく知りたい方は「ディーラー卸業者検索ぺーじ」って書いてあるのをぽちっとしてみてください。

こんなこともできるの?みたいな質問もあればお聞きしたいので下記よりご連絡ください♪

よろしくお願いします♪

古着買い付け中に出会ったありえない個人のスリフトストアの実態♪

アメリカの個人経営スリフトはもはや何が起こるか分かりません!先進国だと思って油断していたら度肝を抜かれますよ笑♪今回はボクが実際に経験したスリフトでのお話の一部を大公開です! 

~本文へ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

アメリカ買い付け中に個人経営のスリフトで出会った衝撃的だったり印象的だったりする出来事をご紹介します♪
アメリカ買い付けの参考にしてください♪

フロリダにて

今朝一番に入ったスリフトで凄いものを発見しました!
{A25CC4C7-6233-46E4-951B-B25325E5CBC2:01}

入るや否や、おばちゃんと常連さんがレジの周りで大声でお話してる感じのスリフトです。

人がレジに固まってお話に花を咲かせているので店内を物色してるのはボクだけ。
お宝を探しながらフと薄暗い店内の床を見たときです!
!?っ
{E24E0255-E1D8-4B8D-B8C1-499195857E86:01}

し、死体が、、、!!

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!メルマガ登録で、パスワードロックされている「死体の正体」笑)とその他のありえないアメリカのスリフトの現状を無料で見ることができます♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

この様に個人スリフトは「ツッコミどころ」満載です。

日本の常識では絶対起こらないことが、平然と、しかも頻繁に起こります。

それを覚悟の上で舐められないように平然とした態度で買い付けに臨んでくださいね。

ブログのネタとしても最高ですし。笑

古着屋のブログ講座!Instaflashでスマホできれいな画像を作る方法って!?

古着屋のブログ講座!画像処理って難しいと思っていませんか?3つの機能だけで素早く画像処理♪「Instaflash」を使って画像処理する方法をレクチャーします!

~ 本文へ ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

ブログの重要性についての講座、3つめです。

残りの2つは下記リンクから♪

ブログの重要性を再確認しました!古着屋にブログは必須です!

古着屋のブログ講座!読みたくなるコピーライティングの書き方とは?

今回はブログの画像についてお話したいと思います。

あなたはブログやSNSにスマホで撮った画像をアップする際にそのままアップしていますか?

良い条件の光の中で撮れた画像ならそのままでも美しいですが、「撮りたい!」と思った瞬間に良い写真の条件が揃っているとは限りません。

でもとりあえず撮った画像が暗すぎたり、逆光だったりした場合はどうでしょう?

SNSぐらいならまだいいですが、ネットショップで商品をアップする際に、どうしても屋内の光では商品の色合いや素材感が出せない場合があると思います。

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!メルマガ登録で、パスワードロックされているブログ用の綺麗な画像を作るノウハウ無料で見ることができます♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

これを右上の四角に矢印のボタンで「保存」したら、スマホの画像ファイルに入ります。

このように、画像処理をすることで、かなり印象の違うイメージを作り出すことができます。

逆に実物とは色味が違う画像も、画像処理ソフトを使うことで実際の色目に近いイメージに仕上げることができます。

まずは「シャドウ」「コントラスト」「彩度」で試してみてください。それで気に入らなければ他の機能も試してくださいね。

たくさん機能がありすぎて、いろいろ使いすぎたらどの機能で何が起こったのか分からなくなりますからね♪

ではではお試しあれ!

古着屋のブログ講座!読みたくなるコピーライティングの書き方とは?

古着屋のブログ講座!ブログを読んでもらうために一番重要なものは何でしょう??それは本文で♪

~ 本文へ ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です。

前回のブログではブログを毎日書くことの重要性についてお話しました。

今回はブログのタイトルを「もっと知りたい!」と思えるような書き方にしましょうというお話です。

ブログタイトルの文字数

ベストなブログのタイトル文字数はいろいろと言われていますが、「32文字以内」というのが今のところいちばん良いんじゃないかと言われています。

なぜなら、Google検索で2015年ぐらいまではタイトルの26文字以降は「. . .」と略されていました。

2018年に見てみると32文字以降が「. . .」になっています。スマホだと36文字以降が「. . .」です。

なので36文字以内でも良いんじゃないかと思いますが、36文字だとパソコンの検索で消えてしまう部分があるのでボクは32文字以内をおすすめしています。

コピーライティング

次は内容です。

でも実は内容よりもタイトルに関しては書き方の方がずっと大事なんです。

いわゆる「コピーライティング」と言われるやつですね。

いったいコピーライティングとは何かというと、人の心を動かしたり、人を行動させる文章を書く、ということです。

単なる情報を伝えるのとは異なります。

コピーライティングにもモノを買って貰ったり、興味を持ってもらったり、といろいろ目的があります。

古着屋のブログのタイトルで必要なことは、羅列された検索結果の中から開いて読んでもらう、ということです。

なので、「どんな事が書いてあるの?」と思わせ無ければなりません。

例えば

「海外買い付け中に起こったアクシデントのお話。死ぬかと思いました!」32文字

というタイトルがあったとします。

これだけでも興味を引いて、読んでくれる人もいると思いますが、下記のように変えるとどうでしょう。

「海外買い付け中にアクシデント発生!九死に一生を得た方法とは!?」31文字

こう書いたほうが人の興味を引くことができるんじゃないでしょうか?

ちょっとテレビの番組みたいですけど。笑

ウソを書くのは行けませんが、同じ内容のことを書くにしても、タイトルで興味をさらに大きくするだけで、観覧者数は増えてきます。

そうするとGoogleはあなたのサイトを「正しい情報が発信されているサイト」であると認識して検索結果も上がってくる、というシステムです。

ブログを書くときは、

・定期的に更新する、

・タイトルが人の興味を引くように書かれているか、チェックする

ということです。

次の記事ではブログに載せる画像についてお話しますね。

 

ブログの重要性を再確認しました!古着屋にブログは必須です!

古着屋にとってブログというのがいかに重要なのかお話します!単にブログを書く、というだけではなくきちんとしたルールで書くことが最も効果が上がります♪

~ 本文へ ~


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


 

んにちは!赤ぎ塾の信田です♪

ブログのセミナーを受けてきました!ブログを書き続けることで、営業一切なしで日本中を飛び回って講演するようになった「すごはん」のまっすーさんのお話でした。

ブログを書くことがどれだけ古着屋にとって「宣伝」になったり「ウェブショップ」のSEO対策になるのか、ということを考えるヒントが満載でした。

ブログというのは、ただ書けば良いというものではありません。

ブログを効果的にするのにはいくつかのポイントがあるというのです。

・ブログは毎日書く

・ブログの題は人が「もっと知りたい!」と思えるような書き方に工夫する

・画像にこだわる

ということです。

もっとたくさんのことを講義では教えてもらいましたが、ボクが一番必要だと感じたのはこの3つです。

今回は毎日更新する、ということをお話しますね。

「SNSじゃだめなの?」

と思うかもしれませんが、SNSだけじゃダメなんです。

なぜかというとSNSというのは絶えず流れている「情報の川」のようなものです。

河原に立つだけで最新の情報が目の前を通り過ぎて行きます。

SNSの存在価値はその情報のフレッシュさにあります。

でも何か気になって調べたいとなった時に流れた情報を遡ることは面倒です。

ブログは流れるというよりも情報が「貯まっていく」イメージです。

しかもサイト内リンクやサイトマップ、検索などを使うとすぐに欲しい情報が手に入ります。

ブログは頻繁に更新することで、SEO対策になります。

古着のネットショッピングサイトを作っている場合は、サイト内でブログを開設しできるだけ頻繁に更新しましょう。

いちばんいいのは毎日、同じ時間に更新するということです。

なぜなら、人はだいたい同じパターンで生活しています。

お気に入りのブログを読む時間なども通勤電車の中や、お昼休みなどだいたい時間が決まっています。

なので、その時間に更新していないと、「昨日と同じか、、、。」ってなりますよね。

2回以上それが続くともう読んでくれなくなります。もったいないですよね。

なので、できるだけ同じ時間に更新する、というのが大切なのです。

ブログを見る人が増えると、自然にショッピングサイトの観覧数も上がってきます。

そうすると売り上げも伸びてくる、ということです。

でもブログを毎日書くのはさすがにしんどいな、、、と思うかもしれません。

そういう場合は週に2回とか3回とか決めて更新することです。

火水木曜日の朝10時更新!なんて決めて書くといいでしょう。

ブログを始めるにあたって、どの媒体で始めるべきか?と悩んでいるかもしれません。

有名なのは

アメブロwordpressです。

アメブロは無料なので試してみる分にはおすすめですが、ブログ上で商売をするのは禁止です。いきなりアカウントを消されることもあるそうです。

なので本気で始めるのならwordpressがおすすめです。この赤ぎ塾のブログもwordpressで書いています。

赤ぎ塾の塾生の方で希望があれば基本の使い方をお教えします。

プロではないので、この赤ぎ塾のブログレベルの使い方までしかお教えできませんが、ブログが動き出すところまでは紹介できます♪笑

次のブログで、

・ブログの題は人が「もっと知りたい!」と思えるような書き方に工夫する

・画像にこだわる

についてお話しますね♪

 

古着、海外買い付けの必需品とバイヤー経験者が選ぶ超便利グッズ!


「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね♪入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


こんにちは!赤ぎ塾の信田です!

今回は、古着の海外買い付けに必要な便利グッズと必需品をご紹介します!

画像はイメージです。特におすすめでな場合のみメーカーを記載しています。

必需品

スマホ、タブレット

Googleマップで緯度経度を表示する方法【PC/iPhone/iPad】のイメージ

レンタカーにナビが付いていたりオプションで追加してりできますが、googlen mapのナビ機能の方が使いやすいです。「スリフト検索」できたり調べ物をしたりできるのでスマホやタブレットは必需品です!

 

 


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

まとめ

これだけ揃えていれば、まず大丈夫だと思います。これ以上に予備で揃えたい場合は、「モバイルバッテリー」やスマホを無くしたときのための「予備のタブレット」、レンタルwifiなどです。