コラム・Buyer's Column

古着屋を開業する前に「見込み顧客」を作る方法ってあるの?FAQ&A

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

QUESTION

古着屋を開業する前に「見込み顧客」を作る方法ってありますか?

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

ANSWER

あります!

いくつか方法があります。赤ぎ塾ではできるだけたくさんの方法を同時に行って、ショップオープンの日にすでに「見込みのお客さん」「なじみのお客さん」がいる状態で店舗運営を始められるようにオススメしています。

ざっくりと話すと、「見込みのお客さん」をあらかじめ獲得する方法は「SNS」「ブログ」「フリマイベントへの出店」です。

特にフリマイベントへの参加はメリットしかないと言っても過言ではないので、興味がある方は以前のブログを参考にしてみてください!

古着屋の新規顧客を集めるチャンス!フリマイベントに参加しよう!

※ 上記ブログ内のパスワードは無料メルマガ登録していただくとプレゼントされます♪

古着屋開業しよう!って時に一番最初にするべきことって?FAQ&A

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

QUESTION

よし、古着屋開業しよう!って時に一番最初にするべきことって何ですか?

Free-PhotosによるPixabayからの画像

ANSWER

オープンの日を決めてしまうということです!

え?まだ具体的に何も決まってなくて「古着屋」になりたいという気持ちしか手元にないのに(笑)、もうゴールであるはずの「オープンの日」を決めてしまうの?

と思うかもしれません。

しかし、なにも準備ができていないからこそ、まずゴールを決めるんです!

それはもちろん半年後でもいいですし、2年後でも構いません。あなたの今の現状や所持金などを考えてまずゴールである「オープンの日」を決めましょう。

するとそこから、いつまでに何をしなければならないか、いつまでに自分はどうなっていなければならないのかが見えてきます。

以前のブログにオープン予定表を貼ってありますので是非参考にしてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「古着屋開業はここから始まる!まず店舗オープン日を決めましょう!

もっと詳しく知りたいというかたは上記のメルマガに登録してガンガン質問してみてください!

古着屋開業の資金調達ってみんなどうしてるの?貯金?借金?FAQ&A

QUESTION

古着屋開業するときの資金調達ってみんなどうしてるんですか?

ANSWER

色んな方法がありますが、一番良いのは「自己資金」ですが、自己資金が足りない場合は「国民生活金融公庫」「新創業融資制度」などを利用しましょう。

以前のQ&A「古着屋を開業するのにぶっちゃけ初期費用はいくら必要?」で最低でも資金は300万円ほどは考えておいたほうがいいですよ、とお話しました。300万円を貯めるとなるとかなりの節約と頑張りが必要になりますよね。

開業資金を集める方法はいろいろあります。

1 自己資金

2 身内(親族、友人)からの借り入れ

3 消費者金融

4 融資(銀行、地方銀行、信用金庫)

5 信用保証協会

6 日本政策金融公庫

それぞれの方法の選ぶべき理由選んではいけない理由は詳しく「お金に余裕のない個人が少ない資金で始める古着屋ビジネスの方法!」に書いてあるのでチェックしてみてください♪

銀行などで融資を受けることができれば安い金利で借りることもできますが、個人を相手にしてくれることは難しいと思います。事業が軌道に乗って次のステップを始める場合に「銀行」や「信用金庫」を利用するのがいいと思います。

初めての場合、利用しやすいのは「日本政策金融公庫」でしょう。昔の「国金」です。ボク自身、2度目の店舗をオープンする際に「国金」で200万円を借りたことがあります。

いろいろな制度があるので一度出向いて話を聞いてみるといいでしょう。その中に「新創業融資制度」というのがあります。「新創業融資制度」は申し込んでから融資されるまでに期間が1か月と短い上に、無担保無保証、連帯保証人不要といった様々なメリットがあります。そのうえ、また、30歳までの若者や女性、55歳以上のシニア対象の融資プランもあり、起業を支援することを目的としています。

「日本政策金融公庫」で融資を受ける場合も最低必要な額の「3分の1」は自分で用意してないと難しいかもしれません。

しかし、お金を借りてビジネスをするということは、手っ取り早くビジネスを開始できるというメリットがありますが、初めての起業で売り上げが心もとない状態で家賃、光熱費、自分の生活費、電話代、などの上に「借金の返済」が上乗せされます。思っているよりきついので、資金調達は慎重に考える必要があります。

古着屋を開業するのにぶっちゃけ初期費用はいくら必要?FAQ&A

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

Question

古着屋を開業するのにぶっちゃけ初期費用は最低いくら必要ですか?

Answer

条件によって変わってきますが、300万円が目安です。

古着屋をオープンさせるのに必要なコストを考えてみましょう。

古着屋を開業するには、まず店舗を確保する必要があります。金額は地域によっても異なると思いますが、ここでは家賃を1坪1万円と仮定して、15坪のテナント物件を契約して月/15万円の家賃が発生するとします。

テナント契約には普通「敷金」「礼金」が必要になります。一般的には「敷金」が家賃の6カ月分、「礼金」が家賃の1カ月分です。すると、店舗を手に入れるのに120万円が必要となってきます。

内装はできるだけ自分ですると考えても、ハンガーやハンガーを掛ける什器、棚、レジ、テーブルなど店舗を運営していくのに必要な備品も買いそろえなければなりません。自作できるもの、無料で手に入るモノ、中古で安く揃えられるモノなどを探して少しでも安く揃える努力をしましょう。ここでは80万円ほどを見ておきます。間違っても工務店などに頼んでしまうとかなりの額を請求されますので、気を付けてください。


 

↓参考記事

お金をかけずに倉庫状態の空テナントからお洒落な古着屋を作る方法!

得する!古着屋の什器(ハンガーラック)、備品の激安入手法とDIY!


 

そして、お店にとって一番大事なのはやっぱり「商品」ですよね。15坪ほどの店でも、オープン時には2000着ほどの古着が必要です。売れた後の事を考えてもストックも必要ですしね。海外買い付けをするにしろ、国内の卸業者で買うにしろ、平均するとレギュラー古着なら1着500円ほどで買えるので総額で100万円になります。

もちろん内装のこだわりやビンテージやレア商品の有無などでかなり総額は変わってきます。ざっくりとした計算ではありますが、まずは300万円から古着屋を開業できると知ることで、開業資金の目安になると思います。

何かご質問があれば上記メルマガ登録フォームよりお寄せくださいね。

革製品の関税って?輸入に際しての注意点は?タイ、バンコクから輸入

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

Question

タイに古着を買い付けに行った時に革製品も買いたいんですが、関税は高いんでしょうか?

Answer

例えば革のハンドバッグでは関税は10%です。しかしある方法で関税を0%にすることができます。

※タイからの革製品輸入で人気なモノにクロコダイル革がありますが、ワニ革に関しては別の免税方法があるので別の機会にご紹介します。

詳しくは「日本関税の革製品」のページを参照してください。

でも見ていただいたら分かると思いますが、パッと見で簡単に理解できる様には簡単には書いてくれていません。少し悪意を感じる程です。笑

ここではもうすこしざっくりと、分かりやすく説明していきます。

皮革のハンドバッグを例にお話しますと、基本10% 、 協定8% 、 特特無税になっており、基本的には10%の関税掛かります。

しかし、タイではEPA協定(日本とタイの間での「経済連携協定」)があるので、JTEPAという書類を提出することで関税が免除されます。

日本商工会議所さんのページが分かりやすく説明しているので載せておきますね。

日本商工会議所さんのページ

※全てにおいてJTEPAが作成できるとは限りません

でも高額の皮革を50万円分仕入れるとすると関税だけで5万円になってしまいます。JTEPAの取得費を考えても取得しておいた方が断然お得です。

今古着が熱い!古着屋開業のチャンスです!まずはネット販売から♪

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

こんにちは!

このところ、「古着」がすごく熱くなってきていますよね!それにともなって、古着屋さんになりたいと考える人も増えています。

この間、地元の古着屋さんが集まるイベントに参加してきました。そこには10代20代のお洒落大好きな人たちが大勢来てくれました!田舎の小さなイベントにここまで多くの人が来てくれるんだと感動しました!

これからも古着の楽しさをたくさんの人に知って貰うように頑張ろうと思いました。

しかし、古着屋さんになるために何をどのように始めたらいいのか分からない人も多いんじゃないでしょうか?

いきなり店舗を借りて経営する、というのはハードルが高いと思いますが、副業でネット販売から始めるのなら始めやすいんじゃないでしょうか?

国内には古着の卸業者もありますが、国内買い付けをするのには古物商許可証が必要となってきます。

しかし、海外で古着を仕入れる場合は古物商許可証は取得する必要はありません。

海外買い付けで有名なのはアメリカかタイです。アメリカはレンタカーを借りて買い付けしなくてはならないのに対し、タイ買い付けは公共交通機関を使って買い付けすることができます。

店舗を持って大量に仕入れるような場合はアメリカで大量買い付けする方が良いと思いますが、個人の副業ならタイ買い付けがオススメです!

タイ買い付けのノウハウを学べるコースを新たに作りました!

まずは無料でメルマガを登録して、赤ぎ塾のレクチャーを体験してみてくださいね♪

メルマガ登録は上記フォームから行えます♪

古着屋開業!なぜ古着はタイで仕入れる人が増えているのか?他の国は?

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

現在ではタイに「古着」を求めて多くの人が訪れます。ここ最近「古着」ブームにまた火が付いて、多くのバイヤーがタイにやってくるようになりました。

でもなぜタイに古着が集まるのか知っていますか?

「古着」が買える国はタイ以外にもたくさんあります。アメリカはもちろんですが、交通費などの経費が高く、大量に買い付けをしなければ元が取れません。しかも、アメリカは人件費が高いのも問題です。

人件費

とにかく古着の卸ビジネスに関しては膨大な量を日々扱うので、その運搬、セレクト、ピック、在庫管理にたくさんの労働者が必要になります。そして人件費が高いということは、それが卸値にも反映されることとなるため、バイヤーには厳しい条件となります。

そう考えると、候補に挙がるのはまず人件費が安い国、ということになります。そして経費のことを考えると「港が近い」というのも大きな条件になります。古着は船でコンテナに載せられて運搬されるので、輸送コストを考える面でも大きな船が寄港できる港に近い場所が有利です。そこでパキスタンやカンボジアが古着業界では注目されはじめています。

交通の便、治安

その上国として治安が良く(悪くなく)交通の便がいいところ、という条件も必要になってきます。行くのに何度も飛行機を乗り換え、しかも治安が良くない場所では、いくらいい古着が安い値段で売っていても行く人は少ないでしょう。その点タイは交通の便が良く、観光客も自由行動できるほど治安のいい場所でもあります。

しかもタイはかつて世界で一番貧しい国と言われたカンボジアの隣国であり、カンボジアは古着も救援物資として投入されていた歴史から、その古着が国境を越えタイに運ばれてマーケットで売られるようになった、というのがタイでアメリカ古着やミリタリーの古着などが買える理由です。

タイでの古着買い付けに興味がある方、古着のプロを目指している方、「赤ぎ塾」で買い付けと古着屋開業を学びませんか?詳細は下記ロゴをクリック!

 

古着屋開業!タイ、バンコクで人気の古着を超激安で仕入れる方法!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!信田です♪

一時期に比べタイ買い付けに来ている人数が増え続けています。
なぜそんなにタイ仕入れが熱いのかというと、「古着」が熱くなっているのはもちろんのこと、アメリカに比べると経費も少なく良い物が買い付けられるからです。

昔からタイ、バンコク、はアメリカ古着が仕入れられる場所として有名でしたが、古着は日本だけで無く他の国、特にバンコクの若者の中でも人気になっています。

タイ国内でも需要が膨らんできたこともあって、古着の卸業者やフリマが賑わいを見せ始めています。

プロはもちろんのこと、海外旅行を兼ねた お小遣い稼ぎという感じでタイを訪れて買い付けをする人も増えてきました。

でも、どうやって買い付けするのかとか、海外なんて怖いんじゃないかと思って尻込みしている方も多いんじゃないでしょうか?

でも初めは旅行気分でやってきて買い物して、日本に帰ったらネットで売ってみる、というのがストレス無く始められると思います。

タイは小売りも卸売もごちゃ混ぜ

タイは小売業と卸業が分かれていないので、初めてのお店では「買い付けなので卸価格でお願いします。」という意思表示が必要です。

小売価格と卸価格ではだいぶ違うので、きちんと意思表示しておく必要があります。

まず1枚の値段を聞いて、「たくさん買ったらいくらになる」のか、「何枚買ったら卸価格になるのか」を聞きましょう。

タイで古着を仕入れられる場所

クリックするとそれぞれ関連した記事へ飛びます。

チャットチャック市場

郊外の古着倉庫

ロンクルア市場 

ナイトマーケット

チャットチャック市場などで古着を売っているお店に行って、倉庫を見せて貰えるかどうか交渉してみてもいいでしょう。一気に大量の商品を仕入れる事ができます。

タイ買い付けを1から学びたい、という方はこちらをクリック

古着屋を開業したい方へ!何から始めたらいいのか分かるサイトです♪

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です。

今このページを見てくれているあなたは、古着屋さんを開業したいと思っていて、もしくは古着屋さんの開業に興味があって、いろいろと検索しているうちにここにたどり着いたんだと思います♪

 

 

こんにちは!

私どもは「赤ぎ塾」という「古着屋を開業するノウハウ」と「海外買い付けのノウハウ」が学べるユニークな学習塾です。海外買い付けも「アメリカ買い付け」「タイ・バンコク買い付け」の2種類のコースがあります。

「古着屋」と聞いて、カウンターで買取をするセカンドストリートさんの様な業態だと思っている方には、すいません、赤ぎ塾はあまりお役に立てないかもしれません。

赤ぎ塾アメリカ古着雑貨を海外(アメリカ・タイ)から輸入して、店舗やネットショップで販売するビジネスを志す方専門の塾です。昔は「古着屋」といえば海外買い付けの古着屋のことを指していましたが、今では買取で仕入れるリサイクルショップをイメージする方が多くなってきています。

その中で、自分のセンスと足でゲットしたセレクト古着を売るビジネスに特化した「ノウハウ」を元に短時間で開海外仕入れとショップ開業ができるようにシステム化したのが「赤ぎ塾」のレクチャーなのです。

テナント物件を借りて、お店を出すだけならそんなに難しいことではありません。しかし、海外買い付けとなると、かなりの決心と勇気が必要になってきます。

赤ぎ塾には16年間の海外買い付けの古着屋とネットショップ経営のノウハウがあります。何につまづきやすいのか、何が一番障害となるのかというのを1番分かっているので、受講していただける方に同じ過ちを犯さないように、分かりやすく受講できるカリキュラムを作りました。

下記リンクより詳細をご覧いただけます。ご質問がある方は、メールマガジン登録ボタンからお願いします♪

 

アメリカ買い付け&古着屋開業のコース

タイ・バンコク買い付け&古着屋開業のコース

古着屋開業!タイ仕入れで古着屋さんになる!ネットショップ&店舗!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

ずっとご要望をいただいておりました、タイ・バンコクでの古着買い付けノウハウと古着屋開業のレクチャーをこの度開始することとなりました!

 

「短期間でタイ、バンコク古着買付けとショップ開業ノウハウ学べます♪」

 

「タイのどこで古着が仕入れられるの?」

「仕入れ場所までどうやって行くの?」

「輸入する際の書類はどう書くの?」

「輸入できないものって?」

「どうやって輸入するの?」

「古着屋ってどうやって開業するの?」

「テナント物件の契約に潜む罠って?」

「資金はどれぐらい必要?」

「値段を付ける目安は原価率何パーセント?」

「赤字でも確定申告はするべき?」

などなど、上記のすべての疑問にお答えします。

その上、「経費削減ノウハウ」「正攻法では輸入できないビンテージの食器類の合法的な輸入の方法」「16年間の古着屋経験に元ずくマル秘情報」など、誰も教えてくれないタイ買い付けの基本からプロの仕事まで分かりやすくまとめました。

受講内容

・赤ぎ塾オリジナルテキスト (51コンテンツ収録 全354ページ)

・動画コンテンツ(テキストの内容をさらに分かりやすく動画にまとめました)

・受講開始から毎日届く「メールレクチャー」51回(毎朝10時に届く講師からのアドバイスや補足)

・80日間の個別指導制度(質問、悩み相談24時間無制限!)

 

上記4つのメソッドでタイ買い付けをマスターし、ネットショップや実店舗での販売の知識を得ます。

もちろん、テキストと関係のないことでも、何でもご相談に乗ります!

古着屋を開業するというのは、人生の選択で、人それぞれ家庭環境も現状も違いますからね。

受講に関して何かご質問や不安な点がございましたら、上記メルマガ登録フォームよりお寄せください♪