アジア買い付け

なぜ古着はタイで仕入れる人が増えているのか?他の国はどうなの?

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

現在ではタイに「古着」を求めて多くの人が訪れます。ここ最近「古着」ブームにまた火が付いて、多くのバイヤーがタイにやってくるようになりました。

でもなぜタイに古着が集まるのか知っていますか?

「古着」が買える国はタイ以外にもたくさんあります。アメリカはもちろんですが、交通費などの経費が高く、大量に買い付けをしなければ元が取れません。しかも、アメリカは人件費が高いのも問題です。

人件費

とにかく古着の卸ビジネスに関しては膨大な量を日々扱うので、その運搬、セレクト、ピック、在庫管理にたくさんの労働者が必要になります。そして人件費が高いということは、それが卸値にも反映されることとなるため、バイヤーには厳しい条件となります。

そう考えると、候補に挙がるのはまず人件費が安い国、ということになります。そして経費のことを考えると「港が近い」というのも大きな条件になります。古着は船でコンテナに載せられて運搬されるので、輸送コストを考える面でも大きな船が寄港できる港に近い場所が有利です。そこでパキスタンやカンボジアが古着業界では注目されはじめています。

交通の便、治安

その上国として治安が良く(悪くなく)交通の便がいいところ、という条件も必要になってきます。行くのに何度も飛行機を乗り換え、しかも治安が良くない場所では、いくらいい古着が安い値段で売っていても行く人は少ないでしょう。その点タイは交通の便が良く、観光客も自由行動できるほど治安のいい場所でもあります。

しかもタイはかつて世界で一番貧しい国と言われたカンボジアの隣国であり、カンボジアは古着も救援物資として投入されていた歴史から、その古着が国境を越えタイに運ばれてマーケットで売られるようになった、というのがタイでアメリカ古着やミリタリーの古着などが買える理由です。

タイでの古着買い付けに興味がある方、古着のプロを目指している方、「赤ぎ塾」で買い付けと古着屋開業を学びませんか?詳細は下記ロゴをクリック!

 

タイ、バンコクで今人気の古着を激安で仕入れる方法!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!信田です♪

一時期に比べタイ買い付けに来ている人数が増え続けています。
なぜそんなにタイ仕入れが熱いのかというと、「古着」が熱くなっているのはもちろんのこと、アメリカに比べると経費も少なく良い物が買い付けられるからです。

昔からタイ、バンコク、はアメリカ古着が仕入れられる場所として有名でしたが、古着は日本だけで無く他の国、特にバンコクの若者の中でも人気になっています。

タイ国内でも需要が膨らんできたこともあって、古着の卸業者やフリマが賑わいを見せ始めています。

プロはもちろんのこと、海外旅行を兼ねた お小遣い稼ぎという感じでタイを訪れて買い付けをする人も増えてきました。

でも、どうやって買い付けするのかとか、海外なんて怖いんじゃないかと思って尻込みしている方も多いんじゃないでしょうか?

でも初めは旅行気分でやってきて買い物して、日本に帰ったらネットで売ってみる、というのがストレス無く始められると思います。

タイは小売りも卸売もごちゃ混ぜ

タイは小売業と卸業が分かれていないので、初めてのお店では「買い付けなので卸価格でお願いします。」という意思表示が必要です。

小売価格と卸価格ではだいぶ違うので、きちんと意思表示しておく必要があります。

まず1枚の値段を聞いて、「たくさん買ったらいくらになる」のか、「何枚買ったら卸価格になるのか」を聞きましょう。

タイで古着を仕入れられる場所

クリックするとそれぞれ関連した記事へ飛びます。

チャットチャック市場

郊外の古着倉庫

ロンクルア市場 

ナイトマーケット

チャットチャック市場などで古着を売っているお店に行って、倉庫を見せて貰えるかどうか交渉してみてもいいでしょう。一気に大量の商品を仕入れる事ができます。

タイ買い付けを1から学びたい、という方はこちらをクリック

古着屋を開業したい方へ!何から始めたらいいのか分かるサイトです♪

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です。

今このページを見てくれているあなたは、古着屋さんを開業したいと思っていて、もしくは古着屋さんの開業に興味があって、いろいろと検索しているうちにここにたどり着いたんだと思います♪

 

 

こんにちは!

私どもは「赤ぎ塾」という「古着屋を開業するノウハウ」と「海外買い付けのノウハウ」が学べるユニークな学習塾です。海外買い付けも「アメリカ買い付け」「タイ・バンコク買い付け」の2種類のコースがあります。

「古着屋」と聞いて、カウンターで買取をするセカンドストリートさんの様な業態だと思っている方には、すいません、赤ぎ塾はあまりお役に立てないかもしれません。

赤ぎ塾アメリカ古着雑貨を海外(アメリカ・タイ)から輸入して、店舗やネットショップで販売するビジネスを志す方専門の塾です。昔は「古着屋」といえば海外買い付けの古着屋のことを指していましたが、今では買取で仕入れるリサイクルショップをイメージする方が多くなってきています。

その中で、自分のセンスと足でゲットしたセレクト古着を売るビジネスに特化した「ノウハウ」を元に短時間で開海外仕入れとショップ開業ができるようにシステム化したのが「赤ぎ塾」のレクチャーなのです。

テナント物件を借りて、お店を出すだけならそんなに難しいことではありません。しかし、海外買い付けとなると、かなりの決心と勇気が必要になってきます。

赤ぎ塾には16年間の海外買い付けの古着屋とネットショップ経営のノウハウがあります。何につまづきやすいのか、何が一番障害となるのかというのを1番分かっているので、受講していただける方に同じ過ちを犯さないように、分かりやすく受講できるカリキュラムを作りました。

下記リンクより詳細をご覧いただけます。ご質問がある方は、メールマガジン登録ボタンからお願いします♪

 

アメリカ買い付け&古着屋開業のコース

タイ・バンコク買い付け&古着屋開業のコース

送料割安ノウハウ!タイ、バンコクから古着を安く輸入する方法!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です。

買い付け中の荷物

タイのフリマなどで古着やシューズ、雑貨などを買い付ける場合、ほとんどの場合は買い付けが進む度に荷物が多くなって動きづらくなります。

アメリカの買い付けだとレンタカーに押し込むだけなので、問題はないのですが、灼熱のタイのフリマを大荷物を持っての買い付けは大変だし、更に荷物が増えることを嫌って、大きな商品を仕入れるのを躊躇してしまう場合も出てきます。

せっかくタイまで出向いているのに、日本に持って帰ったら利益を出せる可能性の高い商品は躊躇せずにゲットしておきたいですよね。

その場合、近場のカーゴに何度か足を運んで荷物を置いてもらう方法もありますが、それもかなり面倒ですよね。

このような場合にも身近な解決策があります。

それは売り場の人に「置いといてもらう」ということです。

タイの人は比較的親切な人が多いので、頼めば置いておいてくれます。もちろん後でその店に戻って回収しなければなりませんが、大きな荷物を抱えて移動することはなくなります。

ここで重要なのは、迷子にならずにその店に帰ってくることができるかどうかです。帰ることができなかったら最悪どころの騒ぎではありませんからね。

もしそのお店で多額のお金(10,000バーツ以上)使った場合は、あなたのホテルや利用する予定のカーゴの場所などに配達してくれるように交渉することもできます。

配達が難しいと言われたら、その場所で他の配達先(有料)を紹介してもらうこともできます。

飛行機での輸送

日本に帰る場合にハンドキャリーで飛行機に預ける場合がありますよね。最近はLCCなど格安航空会社を利用する方も多いと思います。

しかしLCCを利用する場合は、預け荷物は「オプション」として別料金がかかってきます。これが安ければ何の問題もないのですが、カーゴで日本に発送する場合よりも高い場合があるので注意してください。

カーゴより高額なのなら全部カーゴで送った方がいいですもんね。

そして覚えておいてほしいのは、重量が100キロ以上になると運賃が安い価格帯になるということです。送る荷物の重量が100キロに近い場合は無理してでも100キロ以上にしたほうがお得です。数千円も変わってくるので必要のないモノを詰めて100キロ以上にした、なんて話も聞きます。

無計画に買い付けに行って無計画に商品を発送すると支払わなくてもよかった費用を支払うことになります。積もり積もると1回の買い付けで数万円変わってきます。

タイで仕入れて古着屋さんになる方法!ネットショップ&実店舗!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

ずっとご要望をいただいておりました、タイ・バンコクでの古着買い付けノウハウと古着屋開業のレクチャーをこの度開始することとなりました!

 

「短期間でタイ、バンコク古着買付けとショップ開業ノウハウ学べます♪」

 

「タイのどこで古着が仕入れられるの?」

「仕入れ場所までどうやって行くの?」

「輸入する際の書類はどう書くの?」

「輸入できないものって?」

「どうやって輸入するの?」

「古着屋ってどうやって開業するの?」

「テナント物件の契約に潜む罠って?」

「資金はどれぐらい必要?」

「値段を付ける目安は原価率何パーセント?」

「赤字でも確定申告はするべき?」

などなど、上記のすべての疑問にお答えします。

その上、「経費削減ノウハウ」「正攻法では輸入できないビンテージの食器類の合法的な輸入の方法」「16年間の古着屋経験に元ずくマル秘情報」など、誰も教えてくれないタイ買い付けの基本からプロの仕事まで分かりやすくまとめました。

受講内容

・赤ぎ塾オリジナルテキスト (51コンテンツ収録 全354ページ)

・動画コンテンツ(テキストの内容をさらに分かりやすく動画にまとめました)

・受講開始から毎日届く「メールレクチャー」51回(毎朝10時に届く講師からのアドバイスや補足)

・80日間の個別指導制度(質問、悩み相談24時間無制限!)

 

上記4つのメソッドでタイ買い付けをマスターし、ネットショップや実店舗での販売の知識を得ます。

もちろん、テキストと関係のないことでも、何でもご相談に乗ります!

古着屋を開業するというのは、人生の選択で、人それぞれ家庭環境も現状も違いますからね。

受講に関して何かご質問や不安な点がございましたら、上記メルマガ登録フォームよりお寄せください♪

 

ヴィンテージバイヤーの必需品!タイ、バンコク古着買い付け編

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


こんにちは!信田です!

今回は、タイで古着の対買い付けに必要な便利グッズと必需品をご紹介します!

画像はイメージです。特におすすめでな場合のみメーカーを記載しています。 

必需品

スマホ、タブレット

Googleマップで緯度経度を表示する方法【PC/iPhone/iPad】のイメージ

説明するまでもないですが、連絡を取ったり調べものをしたりするのに便利に使います。笑


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

まとめ

これだけ揃えていれば、まず大丈夫だと思います。これ以上に予備で揃えたい場合は、「モバイルバッテリー」やスマホを無くしたときのための「予備のタブレット」、レンタルwifiなどです。

 

知ってた?古着やヴィンテージ、雑貨をタイで安く仕入れられるって!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


こんにちは!

今回はタイでユーズド(中古)商品を安く仕入れる方法についてお話します!

タイ買い付けで、仕入れをする場所はいくつもあります。例をあげながら、どのような価格帯でどの業種向きの商品を揃えているのかを紹介します。

photo:04

タイの古着仕入れ先

大きく分けて古着のバイヤーが足を運ぶ場所は4種類です。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

タイで古着を買い付ける場合は上記の場所をメインで回ることになると思います。それぞれの詳しい話は後のレクチャーでお話しますので、お楽しみに♪

古着の宝庫!カンボジア国境アランヤプラテートのロンクルアへ潜入!

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!

アランヤプラテートのロンクルア市場で古着買い付け。道のり編

「アランヤプラテートのロンクルア市場で古着買い付け。市場内の移動編」

に続き、ボクの経験も含め、ロンクルアでどんなものが仕入れられるかお話します。

ロンクルア市場の朝です↓

たくさんの商品がカンボジアから国境を越えて運ばれてきます。

8割ぐらいがアパレルではないでしょうか。

古着はもちろん、新品、コピー品などかなりの量のアパレルがタイ側に渡ってきます。

photo:01

トゥクトゥクは使ってないですが、多分普通の値段で目的地まで運んでくれると思います。バンコクでは観光客用にぼったくり値段になっているので交通機関としては使えませんが、アランヤプラテートでは現地の人も普通に利用しています。

photo:05

クーラーの効いたセブンイレブンもありますが、こういう屋台で食べると食事代が安く済みます。

注文の仕方は指1本立てて日本語で「ひとつください。」というと何かしら食べられるものが出てきます笑。

photo:03

ロンクルア市場で売っている商品は、大きく分けて「安い新品衣類」「コピー衣類」「アメリカ古着」「ミリタリー古着」「コピーシューズ」「中古シューズ」、「雑貨」です。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

 

photo:02

↑古着のアロハシャツのお店

 

photo:03

その店内

photo:10

ボクはこの店でリーバイスのファースト、サイズ36を見つけました!普通に1枚150バーツのシャツの中に入っていて、明らかにインディゴの色が深かったので一発で分かりました。売っていたお兄さんはビンテージとかはまったく分からない感じでした。

日本に帰って9万円前後で売れましたよ♪

photo:03

ボクのイメージでは、バンコクのフリマではビンテージなどの知識をある程度持っている人が販売していますが、ロンクルアではあまり知識がありそうな人は見かけなかったので、安くビンテージに出会う可能性がロンクルア市場にはあるんじゃないかと思いました。

古着が激安で並ぶロンクルア市場で現地買い付け!アランヤプラテート

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


こんにちは!

ロンクルア市場の買い付け編です♪

バンコクからロンクルア市場へ向かう方法は

アランヤプラテートのロンクルア市場で古着買い付け。道のり編」をご覧ください。

ロンクルア市場はバンコク最大といわれるチャットチャックマーケットの3~4倍の大きさがあります。徒歩で一日で回るのはほぼ不可能です。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

荷物がいっぱいになると一度ホテルに戻りましょう。ロンクルア市場付近のカーゴから日本へ商品を送るのはバンコクから送った際の2倍近くコストがかかります。郵便局のEMSだとさらに倍のコストがかかるそうなので、バンコク(できればプラトゥーナムエリア)まで持ち帰って発送するようにしましょう!

 

 

 

激安古着の宝庫ロンクルア市場でお宝さがし!アランヤプラテート買付

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!

タイの古着買い付けでフリマ、ナイトマーケット、ディーラー倉庫と買い付け先はありますが、さらに安く仕入れるのならタイとカンボジアの国境の街アランヤプラテート郡のロンクルア市場をおススメします。

ロンクルア市場はチャットチャックで古着屋衣類を販売する人が仕入れくるという市場なので当然バンコクよりも格安で買うことができます。

昔はバンコクからタイ人が仕入れに来ているようなイメージでしたが、最近は古着市場として世界的に注目され始めたのでいろんな国からバイヤーが訪れるようになっています。

市場で働いている人のほとんどが国境を越えてやってくるカンボジア人です。なのでほとんどの人がクメール語を話し、商売用に片言のタイ語が話せる程度です。

英語はほとんど通じません。ホテルのスタッフなどはなんとなく通じました。

市場内の通貨はタイバーツです。クレジットカードなどは使えないので、市場に来る前にレートの良い場所で換金しておくといいでしょう。

でも一歩街へ出ると英語も日本語も通じない世界です。ボクはどうせ通じないならと思って「日本語」で話しました笑。「日本語」で話していても同じアジア人同士なので表情でニュアンスが伝わります。

しかしバイヤーの為に現地でガイドを雇うこともできます。しかし、ガイドを頼むと、商品価格にガイドのマージン(その店にお客を連れてきて買わせたことへの礼金)が入るので、すべての買い物が割高になります。

ガイドは市場を知り尽くしているので、行きたいところに無駄なくいくことはできますが、できればガイドなしで動けるようになったほうが安く仕入れることができます。

でも例外として、アイテムを数百枚とか数千枚単位で買いたい場合は、前から集めておいてもらうこともできるので、そういう場合はガイドを使うと便利です。

 

ロンクルア市場はタイのサケオ県のアランヤプラテート郡にあります。

 

 

 

ロンクルア市場へ行くにはいくつかの方法があります。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

ロンクルア市場からバンコクに帰る際には、24時間営業のタクシーがあります。

買い付けた商品が多い場合はおススメです。

1900バーツと書いてありますが、ボクは友達の家(バンコク市内チャオプラヤー川の西側)の住所を見せたら2200バーツと言われました。

photo:02

クーラーもガンガンに効いてて快適でしたよ。

言葉がまったく通じない人と5時間近くも車の中にいるのは変な経験でしたが、、、。笑