アメリカ古着仕入れで輸入できないもの!焼却処分や罰金が課される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


★ このコンテンツは【赤ぎ塾 塾生専用コンテンツ】です!

でも興味のある方には少しだけお見せしますね入塾していただきますと全てのコンテンツが明らかになり、マル秘情報満載で「古着屋起業ノウハウ海外買い付けノウハウの全て」を身につけてプロの古着屋として独立できる道が開けます!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

ワシントン条約

今回はボクらバイヤーが買い付けする際に気をつけなければならない、「ワシントン条約」、正確には「絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」で規制されている動植物加工品についてです。

「ワシントン条約」は上の正式名称を見ても分かるように、絶滅を防ぐために絶滅危惧されている動植物とそれらの加工品を国際的に輸入輸出させない、という取り決めです。

税関のワシントン条約のページ

この条約に入っているものを、知らずに(知ってか)輸入して、税関で見つかってしまうと、高額の罰金を課せられたり、破棄処分されたりします。破棄処分の場合は「焼却処分」となります。

その「焼却処分」の費用を払うのはあなたです。そしてそれはけっこう高額です。

超うろ覚えなので、参考にならないかもしれませんが、確か10年ほど前に友人のバイヤーがワシントン条約に引っかかる革のついたウエスタンブーツを1足没収されて、確か、、、焼却処分台に7,000円ぐらいかかったって言っていたような記憶があります、、、。

悪質な場合はブラックリストに載ってアメリカへの再入国ができなくなります。

輸入できないもの 動物編

◆素材

象牙 べっこう

革・毛皮

ワニ オーストリッチ ニシキヘビ 象革 虎 ヒョウ ジャガー ヴィクーニャ(ラクダ) ホッキョクグマなど

※ 革製品でも牛革やヤギ、豚の皮は問題ありません。希少動物の加工品などは輸入できません。

※ ウールの一部。

ワシントン条約が一部変更になり、ウール製品の輸入取り扱いが変更されました。


※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くには有料コンテンツ(右側のサイドバーにある「プロを目指す古着屋さんの買い付け~開店まで教えます!」)の参加(赤ぎ塾への入塾)が必要となります。ご質問があれば下記無料メルマガ登録フォームよりご連絡ください♪

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

♠悪魔のささやき♪

知らなかったとしても税関で見つかると罰金や焼却処分の対象となります。しかし!ボクの経験からいうと税関職員さんで細かなレザーの違い、見ただけでどの種類のファーか分かる目を持つ人、などはほぼいないと思っています。

ワニ皮やオーストリッチなど見てすぐ分かるものは、見つかりやすいですが、他の革は仮に、仮にですよ、「牛革」と書いて申告しても見て分かる人は少ないんじゃないかと思います。

検査する人は一番に「麻薬、ドラッグ」、「武器、危険物」「ポルノ」「偽物」などをメインに捜索しています。なのでそのほかのモノに関してはそこまで細かく検査してないんじゃないかなぁ笑。

全部ボクの想像ですけどね。でも法律は守らなければなりません!からね♪

では次のレクチャーでお逢いしましょ~♪

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。