古着屋開業FAQ赤ぎ塾は古着買い付けのアテンドはしないのですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

 

Question

古着の買い付け、特にアジアの買い付けでは買い付けに同行するサービスがあると聞きますが、赤ぎ塾では買い付けのアテンドサービスはないのですか?

Answer

ありません。なぜなら赤ぎ塾のモットーは「ひとり」で買い付けをして「ひとり」で古着屋を開業する力とノウハウを身に着けてもらう、というものです。アテンドを頼むとに便利に買い付けをすることができます。しかし、コストが掛かる上に、ディーラーとの交渉や輸入の手続きなどはアテンド会社任せなので、毎回アテンド会社を雇わないと買い付けできないという悪循環になってしまいます。

これではなかなか利益をとることはできません。アテンド会社側もいたせりつくせりのサービスで買い付けをサポートしてはくれますが、ずっと使ってもらえるように「プロのバイヤー」としてのノウハウは教えてくれずに会社側で代行して全てやってくれます。

赤ぎ塾はこれではいけないと思っています。「独り立ち」出来るようになるまでのノウハウを習得してもらって、すべてのことを「ひとり」でできるまで学んで、気が済むまで質問してもらうというのが赤ぎ塾が目指しているところです。

もちろん契約期間中に買い付けに出かけるのであれば、こちらから現地に向けてアドバイスすることもできます。

特にアメリカではアテンドや通訳などがいなくても、十分に一人で買い付けして輸入手続きができるようなプログラムになっています。

。しかし、タイの場合は使わなくても買い付けはできますが、アテンドを使うメリットもあります。英語があまり通じないし、看板などもタイ語でしかかいていない場合が多いので、慣れるまではアテンドを使うのもいいかもしれません。

タイでは、公共交通機関を使えばどこでも行くことができるので、アテンドを雇って知ったディーラーでビジネスカードをもらえば、そこに書いてある住所をタクシーの運転手などに見せて連れて行ってもらうことができるからです。

赤ぎ塾では基本的に「ひとり」で全てができるようにプログラムを組んでいます。タイ買い付け編では将来的に「ひとり」で動くことを見越してのアテンドの使い方なども紹介しています♪

 

アメリカ買い付けと古着屋開業を学ぶなら

タイ買い付けと古着屋開業を学ぶなら↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。