海外初心者でも見分けられる!アメリカ、治安の悪い所、良い所!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!


 

こんにちは!赤ぎ塾の信田です♪

★ 直接海外で仕入れる輸入ビジネス(古着屋、雑貨屋、家具屋、アクセサリー屋、並行輸入など)の始め方講座の車移動で買い付け編です!

治安を見極める「嗅覚」

今回はアメリカの治安良し悪しを見分ける方法についてお話します。

アメリカには多くの都市があり、たくさんの人種が住んでいます。そのため、貧富の差が大きく、生活の為に犯罪に手を染めざるを得ない人がたくさんいます。

そのような人たちは家賃の安い地域に住んでいることが多く、従ってそのような地域の犯罪率は上がり、治安が悪くなってしまいます。

日本にも貧富の差はありますが、アメリカに比べるとまだましだと言えます。だから治安の良し悪しを見極める嗅覚を持っている人は少ないです。

この「嗅覚」を養っていかなければ、買い付け時にあなたの「命」に関わる事件に巻き込まれかねません。嗅覚を養っていくためのヒントを一緒に勉強していきましょう。

根本的な心構え

他の治安に関するサイトを見ると、こういったところが危険だと例を挙げているだけのところが多いです。赤ぎ塾はもっと根本的な「自覚」をするところから考えていきたいと思います。

最近は「自己責任」という言葉が、他人のすることを批判するかのように使われています。しかし、「自己責任」とは「自分で責任を負う」ということです。

自分を危険にさらしてしまうのも自分だし、危険な状況下で瞬時に判断を下さなければならないのも自分です。

海外に出ると誰でも自覚しますが、日本という国はあらゆる面で守られています。これは国内でいる分にはすごくいいことです。日本は「死」ということを認識するのが日常的ではありません。

しかし、海外に出ると、先進国のアメリカでさえ、あなたの判断ミスは思っているよりすぐに「死」と結びつきます。怖がらせているのではありませんが、実際にそういう世界です。

怖がる必要はありません。海外では常に「死が身近にある」ということを覚悟しておいてください。最初は気を張りすぎて疲れてしまうかもしれませんが、慣れてくると気を張っている状態が普通になってきます。

その「覚悟」は今から話す「ノウハウ」よりも大事です!覚えておいてください。

危険地域の見分け方

LAの犯罪マップ

まずは、古着、雑貨、家具、アンティーク仕入れの中心地ロサンゼルスの「Crime MAP」から見ていきましょう。

参照 http://afp-cv.blogspot.com/2017/04/crime-map-los-angeles.html

右下の「KEY」と書いてある白枠の中にオレンジ色からグレーまで4色書かれています。左から犯罪頻度が 高い中間低いデータなし となっています。

ロサンゼルスに行く際は上のマップを参考にしてください。ダウンタウンは基本的に危険なので行くなら絶対昼間です。

犯罪頻度が高いところを全て避けて買い付けすることもできますが、その中でも日中は比較的安全だという場所もあるので、一概には言えません。

ComptonSouth Los AngelsSkid RowなどLAダウンタウンの南側は治安が悪いので有名です。昼間でもあまり近づかない方がいいでしょう。

Compton

South Los Angels

Skid Row

では街の様子から危険な地域かどうか見極めるポイントを見ていきましょう。このポイントが当てはまるからといって絶対ではありません。動画でもう少し詳しくお話しています♪

都市部で治安の良し悪しを見極めるポイント

※ ここからの記事はパスワードによってロックされています。パスワードを解くカギは下記登録フォームより無料メルマガ登録を!

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

「古着屋開業」を目指すあなたの塾です!アメリカ、タイで古着・雑貨買い付けの全て(アメリカでの運転や輸入、インボイス、ディーラー交渉術、危機管理、融資の受け方、テナント契約、内装外装の節約術、格安什器、まで)じっくり学んで開業できます!気になった方は下記フォームより無料のメールマガジンをプレゼント!

[submit"登録する"]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。